話題のニュース

ついに緊急放送システム作動「とんでもない情報暴露」放送用軍用機から一斉放送

2021年1月14日ついにワシントンから緊急放送システムの情報が公開されました。

報道は「BEFORE ITS NEWS」というニュースサイトで行われています。

明確な日時と時間は明らかにされていませんが、本記事では公開された記事のを紹介します。

 

ー追記ー

申し訳ありません。

緊急放送はデマの可能性が非常に高いです。

詳しくはコチラの記事をご覧ください。

メッドベッドの効果は?日本で設置している場所はどこ?【寿命240年時代突入】

 

アメリカの主要メディアは全て放送が停止される

まず、トランプ大統領はアメリカの主要メディアを放送停止にすることを宣言されています。

トランプ大統領によると、ジョー・バイデンの就任はキャンセルされ、トランプ大統領は引き続き在任し、中国共産党のABC、NBC、CBS、フォックスニュース、CNN、MSNBCのプロパガンダメディアは間もなく放送を停止する。

BEFORE ITS NEWSより引用

ワシントンからの公開情報なので間違いありません。

つまりトランプ大統領直々に勝利宣言を出し、中国共産党やディープステートに汚染されたメディアの放送を根絶やしにすることを宣言されています。

さらにこのように語られています。

「私は、ABC、NBC、CBS、Fox News、CNN、MSNBCのプロパガンダメディアを放送から外すための大統領命令を起草しています。また、FCCと協力してライセンスを取得しています。

これらのメディア組織はすべて、中国共産党のエージェントと、左翼とディープステートをサポートする特定のアジェンダに向けて世論を洗脳し、催眠術をかけ、世論を導くことを唯一の目的とする組み込みCIAエージェントを採用しているという証拠があります。

これらの組織は国家安全保障に対する脅威であり、事実上、彼らが報告するものは実際のニュースではありません。」

トランプ大統領はガチです。

また、メディアの裏にある中国共産党とディープステートの存在の証拠をつかんでいます。

現在はどうなっているかわかりませんが、FBIやCIAは彼らの手に落ち、完全に国家にあだ名す存在となり果てています。

また、主要メディアの情報は信じないように念を押されていますね。

 

緊急放送システムを使用する理由は主要メディアの腐敗

では、なぜ緊急放送システムを使用して国民に情報を提供するのでしょうか。

腐敗したマスメディアは、中国共産党が支払ったと信じている左翼の議題以外は何も報告することを拒否しました。したがって、大統領はまもなく緊急放送システム(EBS)をアクティブにすることを発表しました。これは、Ten Days of Darkness、またはメディアの停止と呼ばれる期間中に予想されていました。

日本語のずれがありますが、トランプ大統領の意向をメディアが伝えず、さらに妨害してきているとおっしゃられています。

正攻法は無理なので、強引に緊急放送システムを利用するということですね。

 


緊急放送システムはアメリカの主要メディアの報道を上書きすることが出来る

EBSを使用すると、誰もが自分の電話、テレビ、ラジオ、インターネットでアラートを受け取り、一度に数時間他のブロードキャストを上書きします。

アメリカ国内限定ですが、緊急放送システムは電話・テレビ・ラジオ・インターネットで受け取ることが可能となります。

さらに、一定時間ブロードキャストを上書きできるという最強のシステムとなっています。

しかし、意図的に停電を起こされると太刀打ちできません。

そこで、以前よりリンウッド弁護士はパーラーでこのように警告を鳴らしていました。

そうです。停電してもラジオであれば100%情報を受け取ることが出来ます。

非常事態はアナログの存在が大きく役立ちます。

アメリカ国民にとってラジオは必須ですね。

 

緊急放送システムの放送は8時間の放送を3回で24時間中継、10日間続く可能性あり

こちらに関しては情報の取得先を明かせませんが、8時間の放送を3回で24時間中継する計画が出されています。

また、放送期間は10日間続く予定です。

 


緊急放送システムで放送予定のとんでもない情報とは?

では放送される内容はどのようなものでしょうか。

まず、内容の1つについては、選挙不正や今までのトランプ大統領がどのような戦いをしていたかということが語られると言われています。

そして、記事にはこのように書かれていました。

放送は、カバルとアライアンスの間で世界中で起こっている沈黙の戦争を説明するでしょう。

これをアメリカ政府機関が直々に公開します。

カバルとは今まで世界を支配してきたディープステートのことです。

成り立ちはヨーロッパ(イタリア?)の貴族がスタートですが、世界中に組織のメンバーが存在しており、各国の政府関係者、大富豪、ハリウッドスターにも浸透しています。

彼らは大勢の子供を誘拐し、小児性愛の道具・悪魔崇拝及び麻〇の生成、レプティリアン(人型爬虫類)への献上を行っていました。

信じられないかもしれませんが、トランプ大統領は彼らと戦っていたわけです。

アライアンスに関してはあまり情報が開示されていませんが、ディープステートに対抗するための組織と言われています。

少なくとも「軍事担当・大統領選担当・選挙後のシステム構築」という3つのセクションが存在し、トランプ大統領をサポートしてきました。

緊急放送システムでどこまで明らかにされるかわかりませんが、大統領就任後数日以内に「世界緊急放送」が行われ、世界中に本当の人類史を説明するということがわかっています。

量子コンピューターによる世界緊急放送の詳細はコチラです。

なかなか受け入れられないかもしれませんが、時が解決してくれます。

今はおとなしく見届けましょう。

 


まとめ:アメリカでついに緊急放送システム作動「とんでもない情報暴露」放送用軍用機から一斉放送

いかがでしたでしょうか。

今回、アメリカでついに緊急放送システム作動「とんでもない情報暴露」放送用軍用機から一斉放送というタイトルで記事を書いてきました。

これから世界はもっと平和になります。

悪の存在は破れ希望に満ちた未来にワクワクが止まりません。

-話題のニュース

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5