話題のニュース

本松宏一(JR西日本職員)のFacebookや顔画像「バイクいじめちゃダメ」あおり運転で危険運転致死で在宅起訴

2021年2月10日、JR西日本職員の本松宏一氏を危険運転過失致死で在宅起訴しました。

本記事では、松本宏一氏のFacebookや顔画像を調べていきます。

 

本松宏一のあおり運転で死傷事件の概要

本松宏一氏のあおり運転で過失致死事件の概要をご覧ください。

 2019年に大型バイクを運転していた大阪府の76歳の男性が北陸自動車道で死亡した事故で、金沢地検は“あおり運転が事故の原因”として、JR西日本の職員の男を危険運転致死罪で在宅起訴しました。

 危険運転致死罪で在宅起訴されたのは富山県立山町に住むJR西日本の職員・本松宏一被告です。捜査関係者などによりますと、本松被告は2019年5月、石川県白山市内の北陸自動車道で、大阪府内に住む黒川敦愛さん(当時76)の大型バイクに普通乗用車で危険な幅寄せなどのあおり運転をして、黒川さんを転倒・死亡させた罪に問われています。

 事件当初、警察は過失運転致死の疑いで書類送検していましたが、その後の捜査で本松被告の車が幅寄せ以外にも黒川さんを執拗に追いかけていたことがわかったということです。

MBSNEWSより引用

報道によると事件が起こったのは2019年の5月です。

なので、今から1年半くらい前ですね。当時すでに過失運転致死の疑いで書類送検されていました。

当時、MBSの取材にこのように答えていました。

 MBSは2020年9月に本松被告を取材していました。

  (記者)「あおり運転や危険な幅寄せが原因で亡くなったという話を聞いてるが?」
(本松被告)「私はそんなつもりはないと思うんですけれども。確認不足による車線変更だとは思っているんですけれど。(車間距離が)離れていると思っていたと思うんですね、その時は。間に入れるだけの余裕があったんじゃないかなと。」

 今後、裁判員裁判で審理されることになります。

MBSNEWSより引用

かなりとぼけていますね。。。

今回の調査で単に幅寄せしただけでなく、執拗に追いかけていたことが判明しています。

危険運転致死で在宅起訴されましたが、おそらく切れたら手が付けれない癇癪持ちの可能性が高いです。

車に乗せたらダメな人ですね。

「自動車運転過失致死」の場合、懲役7年以下または罰金100万円以下。

「危険運転致死罪」の場合、懲役15年以下または罰金100万円以下。

 

 

本松宏一のFacebook・インスタ・Twitterと顔画像

松本宏一のFacebook・インスタ・Twitterを調べましたが、本人名義でのアカウントは存在しませんでした。

顔画像に関しては報道のもの以外はありません。

今後何かわかり次第追記します。

 

 

今回バイクへのあおり運転でしたが、普段の運転でこのようなトラブルは日常茶飯事です。

自分の身を守るためにもドライブレコーダーの装着は必須

そこで、ドライブレコーダーのおススメランキングサイトを載せておきます。

防犯対策に最適!おすすめのドライブレコーダーランキング

事前にしっかり設置し、不要なトラブルを避け、かつ、逃げられて悔しい思いをしないカーライフを送りましょう。

 


本松宏一のあおり運転で死傷事件のネットの反応

それでは本松宏一のあおり運転で過失致死事件のネットの反応を見ていきましょう。

・危険運転致死だと過失運転致死よりも格段に罪が重くなりますからね。
本人としては否定するでしょう。
裁判では危険運転になるかどうかが焦点になりますね

 

・当初は業務上過失致死事件で書類送検して、後々の捜査によって危険運転致死罪容疑になりながら、在宅のままの起訴って、法律の門外漢には凄く不自然若しくは奇異に感じられるのですが、法律の専門家からはどの様に解釈されるのでしょうか?

 

・本人はあおり運転のつもりは無いと言っているようですが、起訴されたということは、ドライブレコーダーや監視カメラなど、客観的な情報や目撃情報などが捜査で明らかになったのでしょう。
人1人が亡くなって自身に責任の一端があるという可能性があって、落ち着き払って顔を隠そうともしないとは、全くの事実無根か厚顔無恥かどちらですかね。
早く結論を出して、ご遺族に報告をして頂きたいですね。

 

・真面目そうに見えても車やバイクのハンドル握ると人格変わる人多い。
死人に口なし。本当のことを唯一知っている被告には本当のことを話し罪を償ってほしい。

 

・自動車はバイクいじめちゃダメ バイクは生身の体で転んだら致命傷になるんだから

コメントでは辛辣なものが沢山ありました。

危険運転過失致死での在宅起訴になりましたが、かなり証拠が出そろっている可能性が高いです。

裁判員に賭けるということで適切な判断を願います。

 

まとめ:本松宏一(JR西日本職員)のFacebookや顔画像「バイクいじめちゃダメ」あおり運転で危険運転致死で在宅起訴

今回、本松宏一(JR西日本職員)のFacebookや顔画像「バイクいじめちゃダメ」あおり運転で危険運転致死で在宅起訴というタイトルで記事を書きました。

怒りをコントロールできない人はこのような事件を起こしがちです。

普段の運転から気を付けていただきたいですね。

-話題のニュース

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5