話題のニュース

B-CASカードの寿命は?エラーや不具合の解消法まとめ【ICチップの接点復活・テープ・鉛筆で解決】

「テレビが急にB-CASカードを認識できなくなった(;´Д`)」

「画面にエラーが出てB-CASカードが少し汚れてる」

普段快適だったテレビに突然訪れた不具合・・・、そんな時に役立つ方法をまとめてみました!

本記事ではB-CASカードの寿命・エラーや不具合の解消法をご紹介します。

 

B-CASカードの寿命と交換方法(3年目以降は有料)

B-CASカードの寿命はハッキリ公表されていません。

ただし、映像機器を購入後3年以内であれば無償で交換してもらえるので、初期不良が無ければ少なくとも3年間は壊れない可能性が高いです。

交換方法はB-CASカードの発行会社に申請するだけです。

申請はコチラのサイトから

https://www.b-cas.co.jp/cardorder/view/order/agreement.html

 

ちなみに、B-CASカードのエラーは寿命による例は稀で、接触不良が原因であることがほとんどです。

 

B-CASカード認識エラーの原因

ただし、B-CASカードの認識エラーは必ずしもB-CASカード自体に問題があるとは限りません。

この項目では認識エラーが起こった時の解決への流れをご紹介いたします。

※B-CASカードはテレビ購入から3年間は無償で交換可能です。

無償交換が可能な場合は下記の方法を試す前に交換申請を行いましょう!

 


B-CASカードが正しく挿入できてるかを確認する

B-CASカードが正しく入っているかを確認します。

テレビを移動したり、衝撃が加わったことによってカードが抜けてしまった可能性があります。

今一度カードがしっかり入っているかを確認しましょう。

 


B-CASカードの破損(ICチップが汚れている・破損している)

次はB-CASカード自体に問題がある場合です。

まずは、ICチップに汚れが無いかを確認し、汚れがある場合は柔らかい布で拭いて汚れを取りましょう。

布で拭いても取れない場合は、湿気により腐食している可能性があります。

専用のスプレーがあるのでそちらもご検討ください。

ICチップの表面のカーボンや酸化被膜などの汚れを落としてくれる優れものです。

 

また、傷がついてしまっている場合は、おとなしく有償交換に出すのも一つの手です。

紙ヤスリで削ると回復する場合もありますが、最後の手段として考えましょう(;^_^A

 


鉛筆を使う方法

次に鉛筆を使う手法です。

①ICチップを鉛筆で軽くなでて黒鉛を付ける。

②B-CASカードをテレビに戻す

たったこれだけで、接触不良を解消できちゃいます。

※鉛筆を強くこすりつけてしまうとICチップにキズが付く可能性があるので本当に優しくなでましょう。

黒鉛が電流を流す補助をしてくれるというカラクリです。

ただし、接触不良の原因がICチップの腐食による場合、酸化被膜を除去しないと元の木阿弥となります。

ICチップをメンテナンスし、長く快適にテレビライフを送りましょう。

 


テープで接触を良くする

テープなどを使えば不具合が解消される事例があります。

テープで上手くカードを固定することでB-CASカードとカードリーダーの接触不良を解消するわけですね。

 

 

ちなみに、もしテレビを2台以上所有されている場合は、テレビの電源を切った状態で、他のテレビのB-CASカードを挿入して反応を見ます。

他のカードでエラーが出ない場合、元のカードに問題がある可能性が高いことがわかります。

逆に、他のカードでもエラーが出る場合は次の項目に進みましょう。

 


その他、カードリーダーやテレビ自体に問題がある場合

一応、カードリーダー内のゴミが接触を邪魔している可能性があるので、ドライヤーや掃除機でごみを取り除いてみるのも一つの手ですが、常にカードを指しっぱなしの場合そうそうゴミが入ることはありません(;^_^A

 

色々試してみて解決しない場合はテレビ自体の故障を疑います。

テレビの電気系統やDIYが得意な方でない場合、取り返しのつかないことになる可能性があるので、素直に修理に出すか新しいテレビに買い替えることがおススメです(;^_^A

手を打ち尽くしてそれでもダメな場合は気持ちを切り替えましょう!

 


まとめ:B-CASカードの寿命は?エラーや不具合の解消法まとめ【ICチップの接点復活・テープ・鉛筆で解決】

いかがでしたでしょうか。

今回、B-CASカードの寿命は?エラーや不具合の解消法まとめ【ICチップの接点復活・テープ・鉛筆で解決】というタイトルで記事を書きました。

テレビは高価な商品なので、極力買い替えずに解決したいところです。

本体価格に比べてB-CASカード自体それほど高い買い物ではないので、試行錯誤する時間のない方は迷わずカードを交換してみましょう。

-話題のニュース

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5