話題のニュース

石田ゆきの45歳の本名・年齢・何者?「テレビ局がクズ過ぎる」裁判沙汰に発展でついに法廷闘争へ

2021年2月26日、有名絵師のYUNOKIさんが、以前から揉めていた「石田ゆきの45歳」事件で、ついに裁判に発展したことをツイートされました。

本記事では改めて「石田ゆきの45歳」の本名・年齢・何者なのかについて調べていきます。

 

「石田ゆきの45歳」の盗作事件の概要

そもそも「石田ゆきの45歳」とは何だったのかをご説明します。

事の発端は2020年4月26日に放送された「さんまの転職DE転職」でのイラストの無断盗用です。

問題となったコーナーは、明石家さんまさんが番組に送られてきた美術品を選び出し、画廊で販売するというものです。

その際に明石家さんまさんの目に留まったのがコチラのイラスト。

この画像は「石田ゆきの45歳」という人が投稿したもので当然この方の作成したもののはず。。。

しかし、放送直後からTwitter上では「盗作では?」という声が多数上がり、ついには本来の作者である、YUNOKIさんに知れ渡ることとなりました。

 

YUNOKIさんはテレビ局や制作会社と協議し、和解の方向へ進もうとしました。

今回の事件でYUNOKIさんに落ち度はありません。悪いのは「石田ゆきの45歳」、テレビ局、そして制作会社です。

しかし、騒動から約10か月、裁判沙汰へ発展します。

 

YUNOKIさんテレビ局と制作会社を相手取り裁判

驚愕です。。。

なぜ和解できなかったのでしょうか(-_-メ)

YUNOKIさんは理由をこのように述べられています。

 

テレビ局側が「放送は誤りだった」という謝罪を電波に乗せたくなかったことが原因です。

あの放送を見た人多くの人は未だに盗作と気付いていません。

作者としては心苦しい問題です。

 

 

今回の一件で、テレビ局側のクズっぷりが大きく露呈しています。

以前から周知の事実でしたが、本当にダメダメですね。

人々を欺き不安にさせ私腹を肥やす。

日本に必要のない組織です。解体が望ましい。

 


石田ゆきの45歳の本名と年齢

そもそもですが、石田ゆきの45歳とはどんな人物なのでしょうか。

現在のところ情報は全く入ってきていません。

石田ゆきのが本名かどうかも分からないし、本当に45歳なのかも怪しいです。

この点についても続報を待ちましょう。

 

石田ゆきの45歳は存在しない説&作者の自作自演説はデマ

「ネット上では存在しないのでは?」というトンチンカンな意見がありますが、アカウントを作って画像を送った人が存在しないわけでは無いでしょう(;´Д`)

また、裁判になる前に盗作投稿者を交えて和解に向けて協議しているので居ないはずがありません。

 

さらに「作者の自作自演では?」という意見もありますが、こんなことをして作者に何の得があるのでしょうか。

自分の名前で投稿し、採用されれば名前が売れて一気に人気者になれます。

偽名を使うメリットは存在しません。

 

もしかしたら「石田ゆきの45歳」も今後表に出てくるかもしれませんね。

 


まとめ:石田ゆきの45歳の本名・年齢・何者?「テレビ局がクズ過ぎる」裁判沙汰に発展でついに法廷闘争へ

今回、石田ゆきの45歳の本名・年齢・何者?「テレビ局がクズ過ぎる」裁判沙汰に発展でついに法廷闘争へというタイトルで記事を書きました。

裁判は長らく続きますが、テレビ局側がごねなければすぐに和解できた問題です。

YUNOKIさんを応援していきましょう。

-話題のニュース

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5