南沙良

南沙良は目黒日本大学高校出身?【陸上やプールのエピソードが面白い】大学や中学校などの学歴・出身地は東京?

ドラマや映画に引っ張りだこの南沙良さんですが、ファン急増と共に

「南沙良さんの高校や中学校はどこ?」

「大学に行ってるの?」

「出身地が気になる」

という声が上がっています。

そこで本記事では南沙良さんの詳細な学歴と部活やエピソードを調べてみました。

早速確認していきましょう。

 

南沙良の出身地は東京都

南沙良さんの出身地は所属事務所の公式発表で「東京都」となっています。

しかし、インタビューや媒体によっては「神奈川県」と紹介されており、調べてみてもインタビュー等で南沙良さんの地元の話題を見つけることができませんでした。

中学生の時に転校したと答えられていたので、もしかしたら県をまたいで引っ越しされたのかもしれませんね。

真相がわかり次第ご紹介します。

 

南沙良は大学に進学していない

南沙良さんは2021年3月末に高校を卒業されていますが、大学に進学したと公表されていません。

2021年の4月からは「ドラゴン桜2」2022年には大河ドラマに出演することが決定しているので、大忙しです(;^_^A

女優業に専念するため大学に入っていない可能性が高そうです。

 


南沙良の出身高校は「目黒日本大学高校?」

南沙良さんの出身高校を調べたところ「目黒日本大学高校」ではないかと言われています。

しかし、確証はなくネットの噂程度にとどまっています。

ちなみにこの高校は「芸能コース」があるので芸能人御用達の高校です。

芸能活動で休んだ日は別の日に補習を受けることでカバーできる画期的なシステムを採用されています。(芸能コースは通信制となっていました)

ドラマに出てきそうな綺麗な校舎です。

女優業で大忙しな傍ら、おしゃれな高校に通いながら高校生活を謳歌されていたのかもしれませんね。

 


高校時代の部活動とエピソードまとめ

南沙良さんの高校時代の部活動を調べましたが見つかりませんでした。

芸能活動が忙しくて部活が出来なかったのかもしれません。

さらに、インタビューも一通り調べましたが、部活に関する記述を見つけることができませんでした(;^_^A

見つかり次第UPします。

 

次に高校時代のエピソードを見ていきましょう。

 

― 4月から高校3年生になりますが、普段の高校生活では友達とどんな話をされますか?

南:全然遊びに行かないんですよね(笑)。…ちょっと今(エピソードを)必死にさかのぼっているんですけど、なんかあるかな?高校生のうちにディズニーとかに行きたいと強く思ってます。制服ディズニーみたいのもしたいですね。

https://mdpr.jp/interview/detail/2070773より引用

南沙良さんは超インドア派で知られています。

なので、あまり高校時代に出かけることが少なかったのかもしれません。

制服ディズニーにあこがれている理由は次のインタビューで明らかとなります。

 

南:初ということは、撮影中、あまり気にならなかったです。大変だったことは…私の撮影は夜のシーンで、しかもほとんどが屋外だったので本当に寒くて(苦笑い)。女子高生ってギリギリまで短いスカートに短い靴下を履いてるじゃないですか。私は衣装で着て本当に寒さが限界だったので皆さん「よく耐えられるな」と尊敬しました。私も高校生だけど、制服を普段、着ることがないので、毎日着ている人はすごいです。

https://mdpr.jp/interview/detail/1812452より引用

「高校生なのに普段制服を着ることが無い」とおっしゃられています。

上述した「目黒日本大学高校」を調べると芸能コースの生徒が学生服を着ている画像が見つかりませんでした(^^;) 通信制だから制服は着る必要が無いのかも。

一般コースの生徒はもちろん着用しています。

というわけで、学校でも制服を着ていない可能性が十分考えられますね。

 

「学生服を普段着ない」

「通信制の場合、普通の高校生活は送れない」

「芸能活動で思うように学校に通えない」

そんな状況下で高校生活を謳歌できたのでしょうか。。。

南沙良さんはインタビューでこのように語られていました。

――一般的には「何かを達成したから、次のステップへ」みたいなニュアンスですが。

「私には“脱出”くらいの意味です」

――(笑)。今までみたいに子供っぽいふるまいはもうできないぞ、と自覚するような意味合いもあります。

「いえ、それには全力で抵抗しますよ! 私、いまだにお子様ランチを食べたい人ですからね。量がちょうどいいし、色んなものが食べられるので。メニューにあると、必ず『頼めますか?』って聞いてしまいます」

――え、頼めるんですか?

「ダメです。7歳までしか頼めません(笑)」

――南さんは高校卒業まであと1年ありますね。

「卒業しても頑なに学校ジャージを着るつもりです。ぴちっとしてる、水色のやつなんですけど」

――なんでまた?

「『まだまだJK楽しんでるぞ、学校生活充実してるぞ』って、自分の中の気持ちに残しておきたいんですよ、卒業しても」

――一体誰に言い聞かせてるんですか…。しかし、学校生活に執着があるんですね。

「ええ。私、JKであることを誇らしく思ってますから!」

https://moviewalker.jp/news/article/228006/より引用

というわけで、普通の高校生活を送れなくてもしっかりJKを謳歌する気満々の南沙良さんでした。

ちなみに、お子様ランチエピソードなど南沙良さんのインタビューは結構ユニークなものが多いです(笑)

 

南沙良の出身中学校「川崎市立麻生中学校?」

南沙良さんの出身中学校に関しては「川崎市立麻生中学校」ではないかと言われています。

中学校に関しても公式発表が無いので確証は持てません(;^_^A

ただ、この中学校は「神奈川県」なので、インタビューなどのプロフに合致します。

地元の中学校感が半端ないです(;^_^A

高校が私立で華々しい感じだったので余計にそう見えてしまいます。

ちなみに、この中学校は住宅街の中にあるので、この近くに住む子供が通うはずです。

 


中学校時代の部活動は「陸上競技」

南沙良さんの中学校時代の部活動を見ていきましょう。

 

──自分の走っているフォームとか、映像にでも撮らない限りわからないですもんね。

「一応、中学の時に陸上競技を習っていたことがあるんですよ。足が速くなりたいっていうより、運動神経がいい女の子ってかっこいいなと思って、陸上の教室に通ってはいたんですけど、なかなか上達しなくて…」

https://moviewalker.jp/news/article/1020868/p3より引用

学校の部活かどうか不明ですが、中学生の時に陸上競技を習われていたそうです。

競技名は不明ですが、足の話題を語られているので走る系の競技でしょう。

また、中学時代にはすでにモデル活動をされていたので、学業&芸能活動&陸上競技の三足の草鞋を履こうとされていたみたいですが、運動の才能に恵まれていなかったそうです。。

 


中学時代のエピソード

次に中学生時代のエピソードを見ていきましょう。

 

――南さんは彼女たちとほぼ同世代(17歳)ですが、ご自分の中にも彼女たちの心境に近い部分はありますか?

「私も学校に馴染めない時期があったので、『どこか別の場所に行きたい』みたいな気持ちは分かります。具体的にどことは言えなくて、“どこかに”としか言いようがないんですけど」

――卒業式の思い出は。

「それが、全くと言っていいほどないんですよ(笑)。中学の卒業式は、事前の予行練習に出てなかったので、移動の仕方や卒業証書のもらい方を私ひとりだけ分かってなくて、大恥かきました…。そもそも“卒業”って言葉自体に、あまりいいイメージをもってないんですよ」

https://moviewalker.jp/news/article/228006/より引用

 

映画や女優が、南さんの“妄想力”を高める一番身近な入口となったんですね。

南:中学の時に、周囲とうまく噛み合わなくて、家に閉じこもってしまった時期があったんですけど、そういう時にそばにいてくれたのが映画だったんです。

https://www.pintscope.com/interview/sara-minami/より引用

 

以前雑誌のインタビューで中学校時代のエピソードを語られています。

中学生の時に学校になじめずに引きこもっていた時期があったそうです。

また、中学校の卒業式の恥ずかしいエピソードも語られています。

予行練習を欠席した理由を語られていませんが、卒業という大一番での失敗は一生記憶に残る恥ずかしいエピソードとなっているようです(;^_^A

 

「映画の役柄にはとても共感しました。私も中学の最初の自己紹介で緊張して何も言えなかった経験があって……、志乃を演じながらリアル過ぎて苦しくなりました。

https://www.gqjapan.jp/woman/muse/20180823/sara-minamiより引用

中学校時代の自己紹介で見事に失敗した経験を語られています。

他のインタビューでも「おとなしい性格」とおっしゃられていますし、シャイな感じが伝わりますね。

また、このエピソードから小学校と中学校の関連が薄く、知り合いがあまりいなかったことが伺えます。

 


南沙良の出身小学校は「聖ドミニコ学園?」

南沙良さんの出身小学校は「聖ドミニコ学園」という噂が出ています。

もちろん確証ありません。

聖ドミニコ学園は小学校~高校まで併設しているカトリック系の学校です。

入学レベルは高くありませんが、少人数制で根強い人気があります。

ちなみに、南果歩さんは小学生の時に「二コラモデルオーディション」でグランプリを受賞し、専属モデルとなりました。

 


小学校の時にプールに通っていたが水泳が苦手

小学校時代の部活動や習い事を調べてみました。

――プールは?

「もっとダメです(笑)。小学校の時、いちばん泳げない“めだかクラス”だったんですけど、同じクラスの子がプールで溺れて…」

https://moviewalker.jp/news/article/199378より引用

というわけで、小学生時代にプールに通ていたことが判明しています。

このインタビューでは、ご自身がいかにインドアかを語られており、その流れでこのエピソードが登場しました。

水泳が苦手なようです(;^_^A

 


ナメクジを踏んで号泣

また、過去のインタビューで布団の中に潜んでいたナメクジを踏んで号泣したことを語られています。

WWD:2018年で一番びっくりしたことは?

南:家の中にナメクジがいて、踏んでしまったんです。それが一番びっくりしました。小学2年生くらいの時にも同じことがあって、その時は布団の中にいたんです。号泣したのを覚えています。ナメクジがどう入ってきたのかは不明で、「誰が連れてきているんだ」と、家族で議論になりました(笑)。

https://www.wwdjapan.com/articles/762492より引用

ナメクジを踏むのはトラウマ級の出来事です(;^_^A

小2の出来事ですが、今でも鮮明に覚えているようですね。

 


可愛いエピソード

そのほかの小学生時代の可愛いエピソードがコチラ。

「私も小さい頃、ハロウィンで仮装して、家族と近所にお菓子をもらいに回ってましたよ。お店で買った猫のしっぽをつけて、『トリック・オア・トリート!』って。5年生くらいまではやってました」

https://moviewalker.jp/news/article/211358/より引用

小学生の時にハロウィンを満喫したエピソードとなります。

猫の尻尾をつけてお菓子をもらいに回っていたとのことです(*^_^*)

これはかわいいですね。

 


まとめ:南沙良は目黒日本大学高校出身?【陸上やプールのエピソードが面白い】大学や中学校などの学歴・出身地は東京?

いかがでしたでしょうか。

今回、南沙良は目黒日本大学高校出身?【陸上やプールのエピソードが面白い】大学や中学校などの学歴・出身地は東京?というタイトルで記事を書きました。

残念ながら南沙良さんの学歴は確証が持てるものが少ないのが現状です。

エピソードに関しては見つけ次第追記していきます。

-南沙良

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5