南沙良

南沙良の母親と父親【仲良しほっこりエピソードまとめ】祖父祖母とも仲良し

有名ドラマで大活躍中の南沙良さんですが、人気の高まりとともにご家族に注目が集まっています。

ネットを見ていると

「沙良ちゃんを育てたご両親がどんな人か気になる」

という意見が見受けられたので、本記事では、南沙良さんの母親・父親・祖父・祖母の人となりや仲良しエピソードを調べていきます。

 

南沙良の母親・祖母との仲良しエピソード

南沙良さんの母親と祖母との仲良しエピソードをまとめていきましょう。

母親の情報はコチラです。

・仲がいい

・あまり人と話すのが得意ではない

・口喧嘩が得意

・裁縫が得意

・ユーモアセンスがある

・強力なアイデンティティを持っている

 

一方で、祖母に関しては情報が見つかりませんでした。

今回は南沙良さんのお母さんについて詳細を見ていきましょう。

 


仲がいい・あまり人と話すのが得意でない・口喧嘩が得意

まずは「仲がいい・あまり人と話すのが得意でない・口喧嘩が得意」ことがわかるインタビューを見ていきましょう。

――いっぽう、未来とその母親(片岡礼子)とのやり取りは、まるで友達同士のように和やかでした。

「私も、母親とあんな感じですよ。ただ、未来みたいに仕事の話はなかなかしませんね。するとしても、もっと軽い感じです(笑)」

――モデルのお仕事をはじめる時、深刻な相談はしなかったんですか?

「はい、全然(笑)。私は小さい頃から『女優さんになりたい』と周りにずっと言っていたので、『ニコラ』のオーディションを受けたいと母に言ったときも『どうぞ』って。それから一貫して応援し続けてくれています。むしろ『両親の反対を押し切って芸能界入り』みたいなことをやりたかったですね。そのほうが、ドラマチックでおもしろいじゃないですか(笑)」

https://moviewalker.jp/news/article/201889/より引用

憧れというのか……私、すごく母と仲が良いんです。母が持っている強さだったり美しさだったり、そういう姿に憧れるときはあります。母も私と一緒で、あまり人と話すのが得意ではないんですが、自分をしっかり持っている人。見ていると、すごく強いなって思います。

―それは、考え方や生き方ということ?

そうですね、母は自分の思ったことは曲げないので、私は口喧嘩していてもすぐ負けちゃうんですけど(笑)。そういう内面の強さがあって、私はそうなっていきたいなと感じます。

―デビューして5年ほど経っていると思いますが、その時間を振り返ってみて感じることは?

私の中で、それだけの時間が過ぎたという感覚が全然ないんです。昨日、母に「私がお仕事を始めたときから、小さいときから何か変わった?」って聞いてみたんです。そしたら「あなた何も変わってないね」って笑われて(笑)。でも、本当にその通りだなと思って、ちょっと安心しました。形だけは少しだけ大人になったのかなって思うんですが、考え方や感じ方はまったく変わってない。だからこそ、これから自分がどう変わっていくのかなっていうのは、ちょっとドキドキしています。

https://fashionpost.jp/portraits/160555より引用

人と話すことが苦手なのに口は上手いというユニークです;^_^A

南沙良さんは特にお母さんと仲が良く、インタビューでもたびたびエピソードが登場しています。

おそらく家族の中で一番多いのではないでしょうか。

 


裁縫が得意

南沙良さんは裁縫が趣味ですが、お母さんの影響で始められています。

「私は子どもの頃から絵を描いたり、ものを作ったりすることが好きだったんです。刺しゅうを始めたのは、小学生のとき。お裁縫好きな母の影響を受けて、見よう見まねで始めました。最初に縫ったのはイニシャルだったかな。沙良の『S』を縫った記憶がありますね。

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/nikkeistyle/trend/nikkeistyle-DGXMZO6944512026022021000000より引用

裁縫好きが高じて服作りやファッションが大好きになったそうです。

残念ながらインスタ等には作品をアップされていませんが、仕事が忙しくない時に手を動かされています。

 


ユーモアセンスがある

南沙良さんのお母さんはユーモラスな一面を持ち合わせています。

 母親が「午後の紅茶」を手作りの菓子に使うほど一家そろってのファンで「あまりにうれしかったので、その日1日は何か“落とし穴”でもあるんじゃないかって。とにかく緊張して歩いていました」と大喜び。一番最初に母親に、クイズ形式で伝えたそうで「『幼い頃から好きが変わらない飲み物はなんでしょう?』と、ヒントを出すとすぐに当てられてしまい、その第一声が『おめでとう』じゃなくて、『沢山飲めるね』でした」と笑って明かした。

https://hochi.news/articles/20190616-OHT1T50200.htmlより引用

 

――南さんの誕生日が6月11日だったので、今回テーマを「お祝い」にしたんですが、「お祝い」から想像されるハッピーな内容からはほど遠い映画で…なんかすみません。

「編集部さんから何作か候補が送られてきて、どれにしようかなと思ってたら、母が『これがいいんじゃない?』って。私、ホラー系がホントに苦手なのに…。母は内容を知ってたらしくて、見事にハメられました(笑)」

https://moviewalker.jp/news/article/195138/より引用

 

 

上のCMは2019年に公開された「午後の紅茶」のCMに起用されたときのエピソードです。

お母さんのウィットにとんだ返答が光ります。

 

また、下のインタビューは雑誌の企画で「編集部がチョイスする映画見て感想を述べる」という企画での出来事です。

怖がりで知られる南沙良さんにホラー映画をお見舞いしています(笑)

 


強力なアイデンティティを持っている

南沙良さんのお母さんは頑固ともとれるような強力なアイデンティティを持たれています。

お母様が憧れの女性でしたか!

南:母は自分の正義というか、正しいと思うものがはっきりとある人で。強さがあって、ぶれない軸がある。そういう女性がかっこいいと思います。私の軸は、映画を観ることや、そこから妄想を広げるということなので、これからもたくさんの素敵な表現にふれて、ぶれない軸を持つ強い女性になりたいです。

https://www.pintscope.com/interview/sara-minami/より引用

かなりぶれない芯をお持ちだそうで、南沙良さんもその点を非常に評価されています。

 

以上が母親のエピソードとなります。

祖母に関しては情報が一切出てきていません。

仲がいいのか悪いのかも不明でした。

また情報を公開され次第アップデートしていきます。

 

南沙良の父親と祖父

南沙良さんの父親はカメラマンをされていることを公表されています。

昔から、カメラマンをしていた父からよく写真を撮られていたんです。なので、自分ではそんなにカメラは意識していないとは思います。

https://fashionpost.jp/portraits/160555より引用

このインタビューは雑誌の取材で女優業について質問されたときの返答です。

小さいころから父親にカメラでパシャパシャされていたされていたそうで、自然とカメラ慣れしていたようです(*^_^*)

父親の愛が将来の仕事に役立ったいい事例ですね。

 

次に祖父についてみていきましょう。

 

小さい頃から、「女優さんになりたい」と言い続けていたら、叔父が『ニコラ』のオーディションがあることを教えてくれて。それで受けることになったんですけど、すごく緊張して。もともと人見知りで、人前で自分の考えを話すのもすごく苦手なんです。面接があったので、「これはもう、どうしようもないな……」と諦めつつ、すごく勇気をふりしぼって会場に行ったのを覚えています。気合いで乗り切りましたが、自分が何を言っているのか途中で分からなくなって(笑)。オーディションに受かったと聞いたときもビックリしました。

https://news.mynavi.jp/article/20200404-minamisara/より引用

南沙良さんのデビューのきっかけは祖父からオーディションを紹介してもらったことがきっかけです。

元々小さいころから女優になりたいと周りに言い続けていたそうなので、それを聞いた祖父が調べて教えてくれたのでしょうね。

 


仲良しエピソード

それでは、父親と祖父の仲良しエピソードを見ていきましょう!

・・・と言いたいところですが、残念ながら仲良しエピソードは見つかりませんでした(;^ω^)

まずは父親からです。

私も当時、父とそんなに仲良くなかったんです。喧嘩したり、言い合いになったりしたので、そこは共感できました。でも、喧嘩の内容はくだらなくて……、私に似合わない洋服を買ってきたとか、テレビのチャンネルの奪い合いとか(笑)。

https://filmaga.filmarks.com/articles/1392/より引用

父と娘あるあるな感じですね(;^_^A

ただ、本当に些細な親子喧嘩です。

母親と仲がいいだけに父とはそこまで仲がよくないように感じるだけなのかもしれませんね。

 

続いて祖父です。

――その叔父さんは、今のご活躍について何かおっしゃっていますか?

何も言ってこないです(笑)。でも、私が出た作品はたぶん観てくれていると思います。私にとっての恩人です。

https://news.mynavi.jp/article/20200404-minamisara/より引用

祖父のエピソードはあまり語られていません。

自分が勧めたので手放しで喜んでると思いきや寡黙な昭和のおじいちゃんなのかもです。

ただ、口で言わないだけで、孫の作品はすべてチェックし、テレビ出演も全部録画してそうな感じがしますね(;^_^A

 


南沙良の兄弟

南沙良さんはお兄さんが一人いらっしゃいます。

年齢が6歳も離れているので、あまり喧嘩することなく兄弟仲は今も非常にいいことが知られています。

お兄さんが小学生に上がったくらいに生まれたので、子育てに参加していて、兄弟というよりも親の気持ちという感覚があるのかもしれませんね。

南沙良さんとお兄さんとのほっこりエピソードはコチラ

 

南沙良の実家・地元

南沙良さんの実家・地元に関して調べてみましたが、神奈川県にあるのか、東京都にあるのか不明でした。

実家も引っ越しされたのか、変わっている可能性があります(;^_^A

中学生の時に転校されているのでご実家も変わっているかもです。

また、今回はご両親とのエピソードをまとめましたが、家族全体でのエピソードもとても面白いものがたくさんありました。

南沙良さんの家族での不思議エピソードはコチラ

 


まとめ:南沙良の母親と父親【仲良しほっこりエピソードまとめ】祖父祖母とも仲良し

いかがでしたでしょうか。

今回、南沙良の母親と父親【仲良しほっこりエピソードまとめ】祖父祖母とも仲良しというタイトルで記事を書きました。

家族全員仲良しですが、特にお母さんと仲良しであることがよく分かりましたね。

祖父祖母のエピソードは少なめだったので公表され次第追記していきます。

-南沙良

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5