芸人

コウテイはなぜつまらないのか【原因はコレだ!】

コウテイは2020年ABCお笑いグランプリで優勝し、大きく注目を集めたお笑いコンビですが、最高の成績を残したにもかかわらず、一部の視聴者からつまらないという声が上がっています。

もちろん、笑いのツボは人それぞれなので、自分が面白いと思っていても他の人はそうではないということが多いです。

むしろ、お笑い芸人の宿命と言っても過言ではありません。

今回はもう一歩踏み込んで、なぜコウテイはつまらないと感じるのかを調査していきます。

あっ、ちなみにブログ主はABCお笑いグランプリを見ながらゲラゲラ笑ってました!

本記事では中立的な立場で記事を書いていきます。

 

コウテイの漫才はどんなネタ?

最初にコウテイの漫才をおさらいしましょう。

最初の掴みで異常なほど顔を近づけ合うシーンが面白いです。

ブログ主はここでガッツリつかまれました(笑)

ちなみにネタは、一見中身があるようでなく、ボケとツッコミが両方ともハイテンションな動きと言葉遊びで笑わせるタイプの漫才です。

また、勢いの中に斜め上のボケが織り交ぜられており、かなり洗練されたネタであることが伝わってきました。

 


なぜ面白く感じない人がいるのか

では、なぜ面白く感じない人がいるのでしょうか。

コウテイの漫才は単純なボケとツッコミだけで笑わせるタイプではないので、このテンションについていけないと置いていかれてしまい、全然笑えないと思います。

残念ながら、この手の漫才は特にこの傾向が強いです。

また、テレビでの視聴と実際に会場での視聴では臨場感が全然違うので面白さが伝わりきらないことが良くあります。

せっかくの縦横無尽に動き回るテンションの高い熱気が伝わりにくいわけです。

一方で、ABCの会場は大ウケでした。

なので、テレビで見てイマイチと思った方も実際に生で見ると印象が大きく変わるかもしれません。

 

コウテイのTwitterでの否定的な意見

コウテイのTwitterでの意見を見ていきましょう。

まずは否定的な意見から。

Twitterを見ていると面白くないという意見をチラホラ見かけます。

たいていはテンションに置き去りにされた視聴者さんです。

もしかしたら、お年を召してスピードについていけていない方もいるかもしれません。

また、ごく僅かですが、ネタの熟練度を評価している方もいらっしゃいました。

 


肯定的な意見

次に肯定的な意見を見ていきます。

Twitter上では「面白い!」という意見の方が圧倒的多数です。

個人的な感覚では 面白い:面白くない = 8 : 2 くらいですね。

まだまだテレビの露出が少ないので、今後テレビ出演が増えるごとい、ますます人気が出てくるのではないでしょうか。

 


審査員「かまちたち」山内さんの意見

最後にABCお笑いグランプリで審査員をされていた「かまいたち」山内さんの意見をご紹介します。

7:55と16:32をご覧ください。

ちなみに、この動画はかまいたちチャンネルのもので、山内さんは第一ステージはコウテイを1位にしていました。

要点をまとめるとこんな感じ。

・会場のお客さんの心をグッと掴んだところを評価している。

・漫才が素晴らしかったから、決勝でも漫才を見たかった(決勝はコントだったので)

動画内ではあまり触れられていませんが、かなり評価していることが伝わってきますね。

 

コウテイの評価まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回、コウテイはなぜつまらないのか【原因はコレだ!】というタイトルで記事を書きました。

漫才のタイプ的に好き嫌いが分かれてしまうことが「つまらない」と感じる人が多い理由であることがわかりました。

これに関しては、テレビにたくさん出て知名度を高めることで、ある程度減っていくと思いますし、逆に「おもしろい」「好き」という人の方が激増すると思います。

また、コウテイを面白くないと思う方でも、ちょっとしたエピソードやこぼれ話などで、印象が大きく変わる可能性があるので今後の活躍に期待していきましょう。

-芸人

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5