話題のニュース

玄米茶は太る?【ハマったら一生デブのまま人生を終える?】ダイエットや減量に向いているか調査

香ばしい香りが人気の玄米茶。

好きなお茶ランキングで常にトップクラスに君臨しているほどです。

しかし、ネットを調べていると

「玄米茶は太るんじゃないか・・・」

という意見もチラホラ。

そこで本記事では玄米茶は太りやすいのかを調べていきます。

 

玄米茶は太りにくい!ダイエットに最適

結論から申し上げると玄米茶は太りにくいです。

そもそも玄米茶とは【炒ったお米を煎茶や番茶と同量混ぜ合わせたお茶】のことです。

「お米が入っているからカロリーが心配・・・」

という意見が太りやすいのではないかという疑惑の始まりです。

 

しかし、お米はお茶を抽出したあと飲まずに捨てるのでカロリーの心配はありません。

伊藤園の玄米茶を例に挙げてみましょう。

 

他のお茶同様エネルギーはゼロです。

さらに、お茶の葉の量が少ないのでカフェイン値も低いのもありがたいですね。

 

また、玄米の米ぬかの中にはガンマオリザノールという成分が含まれており、この成分はインスリンの分泌を促進する効果があります。

インスリンは取り過ぎた糖から脂肪の合成を促進させる作用があることが知られています。

 

「じゃあ玄米茶は太りやすいの?(;´Д`)」

と思われるかもしれませんが、「玄米茶は太る」=「玄米を食べると太る」という考えと同じなので誤りであることがわかります(;^ω^)

さらに、玄米茶に含まれるお米の量はごく少量です。

要は食べ過ぎなければ太ることは無いというわけですね。

 

以上により、玄米茶は太りやすいという認識は誤りであることがわかりました。

 

玄米茶の効果

玄米茶は普通のお茶とは違う意外な効果があります。

中にはダイエットにありがたい成分も(*^_^*)

この項目では玄米茶の知られざる効果について解説していきます。

 


血糖値の上昇を防ぐ

まず、緑茶の中に含まれるカテキンの効果で、糖の吸収を抑え血糖値の上昇を防いでくれます。

さらに、上述した通り、玄米のぬかにはガンマオリザノールというポリフェノールが含まれていて、この成分がインスリンの分泌を促進することで血糖値の上昇を下げてくれます。

 


ギャバによるストレス解消効果・高血圧抑制・食欲抑制

玄米にはギャバというストレス解消で話題のアミノ酸が含まれています。

更新した神経をリラックスする作用があるので、ダイエット中のストレスを抑えてくれるありがたい成分です。

もちろんギャバがすべてのストレスを包み込んでくれるわけではないので、あくまでも補助的な役割と考えましょう。

 

さらに、ギャバには血圧の上昇を抑制する効果が期待できるので積極的に取りたい成分ですね。

 


カテキンによる脂肪燃焼

カテキンは脂肪の代謝を促進してくれるのでダイエットに最適です。

しかも悪玉コレステロールを抑える効果が知られており、ダイエットサプリメントなどにも積極的に配合されています。

逆に言うとカテキンが目的の場合は、カテキンに力を入れた商品をチョイスしましょう。

 

 


市販の玄米茶の多くは白米を使用している

「玄米茶であればどれを選んでも大丈夫!」

「上述したすべての効果を実感できます!」・・・と言いたいところですが、そうは問屋が卸しません。

 

実は玄米茶に使われるお米の多くは白米です。

玄米よりも白米で作った方が美味しく仕上がるため、そして「玄米」と名前を付けてもOKな理由は既に世間に認知されている商品だからというわけです。

なので、上述したすべての効果を得たい場合は、玄米を使っている本物の商品を選ぶことが重要になります。

 

おすすめの玄米茶

白米ではなく、玄米をちゃんと使用している商品の中でお買い得な玄米茶はコチラです。

ほとんどの製品は玄米では無く白米を使用しているので注意が必要です。

本物の玄米茶を購入し、楽しくダイエットしていきましょう。

 


まとめ:玄米茶は太る?【ハマったら一生デブのまま人生を終える?】ダイエットや減量に向いているか調査

いかがでしたでしょうか。

今回、玄米茶は太る?【ハマったら一生デブのまま人生を終える?】ダイエットや減量に向いているか調査というタイトルで記事を書きました。

玄米茶は普通のお茶土堂世にダイエットに向いているお茶と言えます。

是非効率的に取り入れて楽しい玄米茶ライフを送りましょう。

-話題のニュース

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5