リオ

NiziUリオ(花橋梨緒)の歌とダンスのオーディションの動画と成績まとめ

2020年に結成し、連日テレビなどのメディアに引っ張りだこのNiziUですが、ここに来てNiziProjectの結果が気になる新規ファンの方が増えてきました。

本記事では得人気のあるリオさんに注目し、オーディション中のすべてのパフォーマンスの動画を集めました。

早速リオさんの歌とダンスの評価を確認していきましょう。

 

NiziUリオ(花橋梨緒)の芸能活動

まずは、NiziUリオ(花橋梨緒)さんのNiziProjectオーディション前の芸能活動について軽くおさらいします。

リオさんは小学校2年生の時にダンススクールに通い始めました。

通っていたダンススクールに関しては情報が一切ありません。

その後中学校2年生の時に有名ダンススクール「EXPG」に入校し、オーディションで認められて特待生に昇格!

そして、E-Girlsの妹分である「Bunnies」「KIZZY」に所属し、アイドル活動をしていましたが、高校三年生の時に「EXPG」を辞めてNiziProjectに参加しました。

リオさんの芸能活動の詳細はコチラ

 

NiziUリオ(花橋梨緒)の「Nizi Project」オーディションの歌とダンスの評価

NiziUリオ(花橋梨緒)さんのNiziProjectの様子を動画付きでご紹介していきます。

リオさんは地区予選こそ

 


地区予選

動画を見ていただければわかりますが、JYParkさん曰くリオさんの第一印象は「演技者」だそうです。

実はリオさん自身もアイドルにこだわりは無く、演技をしたいとおっしゃられています。

さすが敏腕プロデューサー、会ってすぐに彼女の素質の一端を感じ取ったようです。

リオさんは地区予選の曲はAimer「星屑ビーナス」でダンスを披露されました。

演技終了後のJYParkさんの評価はこの通り。

歌手にとって歌唱力に劣らず大切なことは演技力です。踊ったときは演技力がよく現れていたので、僕は本当に魅了されました。完璧に没頭できました。自信と余裕があって演技力が完璧に現れました。驚くべき才能を持っている。合格です

というわけで、見事合格を勝ち取りました。

 


東京合宿編

という教合宿編は以下の項目をテストされます。

・ダンステスト

・ボーカルテスト

・スター性テスト

・グループテスト

 

それぞれの項目で一定の成績を上げるとキューブを獲得することが出来ます。

韓国合宿へ進むためには一つでも多くのキューブを獲得し、好成績を残し続ける必要があります。

上述した通り、リオさんは小学校2年生の頃よりダンススクールに通い、「EXPG」の特待生としてグループ活躍されていました。

その実力があれば東京合宿など楽勝♪と思いきや、決して甘いものではありませんでした。

 

ダンステスト

事前インタビューでリクさんは選曲の理由などをこのように語られています。

たぶん誰ともかぶらないかなっていうふうに思って。たぶんみんな(既存グループの)完コピしてくるかなって思ったので、自分は3分間くらいを全部自分で作った振付をソロで見せたいなっていう気持ちがあったので”Summertime”を選ばせてもらいました

ダンスで、表情だったり見せ方だったりスキルだったりそういうの一番評価していただきたいって気持ちがすごく強くて。リオが一番ダンスでは光ってたかなじゃないけど、そういうふうな存在になりたいなって思ってます

そして本番を迎え、リクさんは圧倒的なダンスパフォーマンスを披露し、その場にいた多くの参加者を魅了しました。

しかし、JYParkさんの評価は意外なものでした。

他の参加者たちのリアクションを見ると(リオを見て)”わぁダンス上手だなぁ”と思ったと思います。踊っている時ダンサーみたいです。僕の話はホメ言葉ではありません。歌手はダンサーのように見えてはいけません。歌手は歌手として見えなければいけません。ダンサーと歌手は違う職業です。今踊っていた時まず1つ目、僕と心を通い合わせようとしない。見る人を説得しようとする努力も見えないし、自分が上手く踊ることだけを考えている。(僕との間で)繋がっているこの紐を離さないまま踊るべきなのに、”私は踊っているから見る見ないはどうぞご自由に”という印象を受けました。(ダンスや歌は)見てくれる人のためにやることであり、”自分”のためにやることではないからです。この場では(審査員である)僕のために踊るべきです。(今のリオさんは)自分のために踊っているように見える。他の問題点は、最初から最後までずっと肩が上がっている。この状態でずっと踊っている。力が入った状態で。(肩が)こう下がってないといけない。踊り始める前から。僕とコミュニケーションをしながら、一人で踊るより、目の前にいる人のために踊ることで幸せだって思えるようにならなきゃ。僕は見てくれる人がいないと踊りたくない。わかりますか?

と、酷評です。リオさんの持ち味であるダンス力をアピールするがあまり、本質であるアイドルとしてのダンスになっていないことを指摘されてしまいました。

最終順位は9位でキューブこそ獲得したものの、リクさんにとっては出鼻をくじかれた感じです。

 

ボーカルテスト

ボーカルテストはダイジェストで数秒間だけ映りました。

順位は26人中13位で全体の真ん中です。

実績がある元アイドルが未経験の参加者に勝てないというまさに下克上が発生しています。

しかし、キューブは無事獲得、韓国合宿へ望みを繋げました。

 

スター性テスト

スター性テストは参加者が考案した自分自身のプレゼンです。

歌やダンス以外でもOKなので、多くの参加者が特技を披露されていました。

リオさんのパフォーマンスはあまり取り上げられませんでしたが、どうやらダンスを披露したようです。

結果的にキューブ獲得ならず、最後のグループテストに備えます。

 

グループテスト

最後はグループテストです。

現時点でリオさんの獲得キューブは2個、グループテストで韓国合宿に進出できるのは14名ですが、今までの成績を考えるとこのテストでいい結果を残さないと危ういです。

リオさんチームはコチラ

リオ(花橋梨緒)
スズ(尾崎すず)
モモカ(平井桃伽)
メイ(プランケット明)
ヒナ(谷川陽菜)

これまでの個人パフォーマンスと違いチームでのトレーニングはチームワークが重要となります。

しかし、ステージ経験の乏しい他のメンバーは大苦戦。

リオさんが中心となってメンバーをまとめようと奮闘します。

そして本番のステージが始まります。

最初に始まった瞬間は、これはリオさんのステージになるだろうと思いました。最初に”Niziガールズ”を言うときの表情と体のラインと雰囲気が、リオさんが今日のスターになるだろうと思ったんですが、曲が進むにつれてどんどん自信がなくなって、リオさんがどこかに行ってしまいました。他の人のパートのときは、後ろでしっかり踊れています。しかし、自分のパートのときには固まる。逆にならないと。自分のパートでしっかり目立たないと

と酷評されてしまいました。

恐らく最も実践経験があったリオさんですが、最後の最後まで絶賛されることなく東京合宿を終えてしまいました。

しかし、ふたを開けてみると全体の10位で東京合宿を見事合格!

韓国合宿に駒を進めました。

 


韓国合宿

韓国合宿は2019年の12月からスタートしました。

期間は約半年間、この合宿で上位9人に入賞することが出来れば見事NiziUのメンバーに!

韓国合宿では以下のテストが施されました。

・ミッション1個人テスト

・ミッション2チーム対決

・ミッション3チームバトル

・ファイナル決戦ファースト

・ファイナル決戦セカンド

 

 

ミッション1個人テスト

リオさんの選曲はYubin「Lady」

東京合宿中ではあまりいい評価を受けませんでしたが、果たして韓国合宿で成長した姿を見せることが出来るのか・・・(;゚д゚)ゴクリ…

パフォーマンス終了後JYParkさんからこの様に評価されました。

このようなステージに、ここまで大きなステージに立ったことはありますか?僕が今の質問をした理由は、このように自分を着飾ってこのようなステージに立っている姿が不自然じゃないからです。まず歌う前に僕と話しながら立っている姿も不自然ではなかったし、表情も耐えることで精一杯という感じが全然ないです。それがすごく印象的でした。”そう、私はこのために生まれてきた人よ”と思っているように見えました。そして本当にダンスに関しては僕が特に指摘することがないくらい完璧でした。リオさんがロックダンスをやっていたということが全然浮かばないくらいダンスは完璧でした。本当に上手に踊りました。(この曲は)手足をほとんど使わずに体の動きだけですごく細かい部分を表現しなければならないダンスですが、それを本当に上手く踊りました。しかもただ単に上手く踊ったのではなく、リオさんだけの雰囲気を出しながら上手く踊りました

ということで、合宿始まって以来の高評価にリオさんは思わず涙してしまいました。

今まで認められなかったダンスを評価され、この上ない賛美だったと言えます。

ところが、問題は段以外の部分にありました。

しかし、音程がとても不安定です。歌いながら感じましたか?感じませんでしたか?リオさんは次の評価のときは、音程がどれだけ安定したかそれを中心に見ます

というわけで、歌唱力があまり評価されませんでしたが、結果的に全体の6位に入り見事キューブ獲得です。

 

ミッション2チーム対決

曲はJ.Y.Park「Swing Baby」です。

チームは以下の三人

・リオ

・マコ

・マヤ

パフォーマンスは大成功で演技終了後、JYParkさんはしばらく動けず、感動して言葉を発することが出来ませんでした。

今まだトレーニングの期間中で、デビューも決まってない練習生たちのステージだというのを忘れて見ていました。メンバー1人1人全員がスターのように見えましたし、3人で踊るとき腕の角度、動作の速さ、姿勢のすべてが3人で1人のように見えました。僕が良いステージになりそうだと感じたのが、最初にマヤさんとリオさんが2人でジャケットを着るスピードがほぼ同じでした。そのあと襟を立てる動作のスピードも同じでした。そして2人がお互いを見るときの表情がウソではありませんでした。本当にお互いを大切に想う気持ちがその一瞬の目つきと表情に全て現れていました。僕が現段階で期待できるレベル、それよりはるかに良いパフォーマンスでした。期待以上でした

と、チームに対しては最大級にほめたたえます。

そして、リオさん個人にはこのように評価されました。

リオさんは、3人とも本当に上手でしたがリオさんの声が一番豊かに聞こえました。きついダンスを踊りながらも呼吸をしっかり下腹部で腹式呼吸をしながら歌ったので、その豊かな声量をしっかり期待しつつ音程まで安定して歌えていました。それがすごく印象的でした。今まではリオさんが歌が上手だとは思っていなかったですが、今日のステージはとても驚きました

と、見事汚名返上を果たしキューブを獲得することに成功します。

ちなみに個人順位は8位で全体の真ん中くらいの成績です。うーん厳しい。

 

ミッション3チームバトル

ミッション3のチームバトルは以下の4人で戦います。

・リオ

・リマ

・ニナ

・リリア

曲はITZY「ICY」です。

パフォーマンス終了後のリオさんに対する評価とやり取りはコチラ。

J.Y.Park「(東京合宿で)リオさんに”ダンスはすごく上手いけど歌手ではなくダンサーのようだ”と言ったのを覚えていますか?僕がなぜそういったか理由を覚えていますか?」

リオ「私が踊るときに、見てくださっているJ.Y.Parkさんに何も気持ちを伝えようとせず、ただ自分が上手く見せようと必死になって踊っているからダンサーに見えるという風に言っていただいたと思います」

J.Y.Park「当時のその言葉が理解できましたか?」

リオ「はい」

J.Y.Park「今日踊った練習生の中でリオさんが最高でした。僕がアドバイスしたことをしっかり理解したのか、今日はここの観客、今は僕しかいませんが、僕とつながっている紐をしっかりつかんだまま感情を通わせながら踊っていました。力、正確性、柔軟性、雰囲気、全て備わっていました。しかも今日は歌までも上手でした。(個人レベルテストの)”Lady”を歌ったときはまだすごく不安定でしたが、今日は少しも不安にならなかったです。リオさんは東京合宿のときまでは目立つレベルではありませんでした。でも今は完全に目立つほど上手でした」

というわけで、見事東京合宿の課題を克服することが出来ました。

チームは優勝できませんでしたが、リオさんの個人順位は2位と過去最高をたたき出し、キューブも無事獲得しました。

 

ファイナル決戦ファースト

いよいよ韓国合宿も大詰めです。

リオさんはマコさんチームとして参加し、本番終了後この様に評価されました。

マコさんに劣らず練習生のレベルではないダンスを見せてくれたのはリオさんでした。歌も前より本当に良くなりました。歌に自信を持てるようになったから本来のダンスの実力を発揮できました。今まではダンスの実力を出し切れていなかった。特にマコさんとリオさんが近くで踊っていたときは本当にカッコよかったです

と、高評価をもらいました。

韓国合宿初期の頃はあまりいい評価をもらえませんでしたが、じょじょに才能が開花し、実力が付いてきましたね。

 

ファイナル決戦セカンド

ついに最後のパフォーマンスです。

ファイナル決戦セカンドの曲はJYPark自作曲であり、NiziUのプレデビュー曲の「Make you happy」。

結果、リオさんはステージで大活躍!

JYParkさんの票かも以下の通り。

このステージで一番良かったパフォーマンスはリオさんのパフォーマンスです。パフォーマンスをしているときステージの中で輝いていました。声とダンス全部が本当にパワフルでした。特に歌の成長のレベルが期待以上です。表情とダンス全部が生きています。本当に褒めてあげたいです

と大絶賛でした。

チームも勝利し、無事全テスト終了で残るは結果発表飲みです。

リクさんは全体の4位でNiziUに合格。

東京合宿編では10位で通過だったので、6人ごぼう抜きです。

 


NiziUリオ(花橋梨緒)のプロフィール

NiziUリオ(花橋梨緒)さんのプロフィールはコチラ。

本名:花橋梨緒(はなばしりお)
誕生日:2002年02月04日
年齢:19歳
身長:160cm?
血液型:B型
出身地:愛知県
趣味:ファッション/食べること
特技:フリーダンス/たまごの大食い

リオさんはマコさんと同じくチーム最年長です。

特技に「たまごの大食い」とあるように卵が大好きであることをNiziProject中に公言されていました。

その結果年下メンバーから「ケランオンニ(たまごおねえさん)」と呼ばれています。

 


出身地や小中学校は?高校に進学している?

出身地を公表されていませんが、ネットの噂では日進市ではないかと言われています。

また、小中高校ともに公表されていませんが、NiziProjectの地方予選の時に高校3年生と言っていたので高校には進学しています。

リオさんの学歴の噂まとめ

 


性格や家族構成は?

家族構成は詳しく分かっていません。

ご両親とダックスフンドらしき犬がいることは間違いありませんが、それ以外のことは公表されていません。

リオさんの性格に関しての他のメンバーの証言はコチラ

 


Twitterとインスタグラム

Twittertとインスタグラムに関してですが、リオさんの公式のアカウントは存在しません。

現在本人名義で作られているものはすべて偽物です。

よく間違えてフォローしてしまう方がいるので注意しましょう。

 

NiziUメンバー歌上手い順ランキング

NiziUメンバーを歌が上手い順に並べるとこの様になります。

1位:マコ
2位:ニナ
3位:ミイヒ
4位:リマ
5位:リク
6位:マヤ
7位:リオ
8位:アヤカ
9位:マユカ

オーディションの様子を見ていた方なら納得だと思いますが、1位は圧倒的にマコとなります。

2位は高音が得意なニナが選抜されます。

本記事で取り上げたリオさんは7位となります。

終始歌唱力に足を引っ張られたリオさんはメンバーの中でこのような立ち位置です。

NiziUメンバーの歌唱力ランキングの詳細はコチラ

 


NiziUメンバーダンス上手いランキング

NiziUメンバーのダンス上手いランキングはこのようになります。

1位:マコ
2位:リオ
3位:リマ
4位:ミイヒ
5位:リク
6位:マヤ
7位:マユカ
8位:ニナ
9位:アヤカ

ダンスもマコさんが1位で、リオさんは全体の2位です。

小学校2年生から頑張り続けたダンスがかなり評価されていることがわかりますね。

ちなみに、NiziUメンバーのダンスランキングの詳細はコチラです。

 


まとめ:NiziUリオ(花橋梨緒)の歌とダンスのオーディションの動画と成績まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回、NiziUリオ(花橋梨緒)の歌とダンスのオーディションの動画と成績まとめ

リオさんは地方予選こそ大絶賛でしたが、東京合宿の評価はあまり振るいませんでした。

しかし、諦めることなく努力を積み重ね、見事韓国合宿で才能が開花しました。

今後益々人気が出てくること間違いなしのリオさんをみんなで応援していきましょう。

 

 


NiziUお宝映像の無料視聴

HuluではNiziU関係の以下の作品を【未登録者に限り14日間無料で視聴可能】です。

①NiziUのオーディション番組「NiziProject」の全話

②NiziProjectのすごい裏側を公開した番組「NiziU 9 Nizi Stories」

③NiziUの日常に迫った番組「We NiziU!~We need U!~」

 

今すぐ簡単無料トライアルをクリック

コナン

★★無料トライアルでアニメも見放題★★

 

特に②③はHuluでしか配信されておらず

NiziUファン必見の内容となっています!

NiziProjectでは放送されなかった当時のメンバーの心境やJYParkさんの本当の評価や考えが聞けるので満足感がハンパないです( ^ω^ )

いつか見ようと後回しにして配信停止! なーんてことになったら目も当てられません。

早急に登録して視聴しておきましょう。

今すぐ簡単無料トライアルをクリック

海外ドラマバナー

★★無料トライアルで海外ドラマも見放題★★

-リオ

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5