話題のニュース

シャンシャン【いつまで?】上野動物園のパンダの返還期間延長でファン大喜び

2020/12/10パンダファンに嬉しいニュースが飛び込んできました。

上野動物園の人気パンダシャンシャンの中国返還期間が延長されるというニュースです。

予想外の報道に多くのファンが喚起しています。

本記事ではいつまで延長されるのかについて調べていきます。

 

上野動物園のパンダ「シャンシャン」の返還期間延長の概要

まずは報道の概要を見ていきましょう。

東京・上野動物園の人気者、ジャイアントパンダのシャンシャンについて、年内に迎える中国への返還期限を延長する方向で調整されていることがFNNの取材でわかった。

上野動物園で2017年6月に生まれたシャンシャンについては、東京都と中国側の間で、所有権を持つ中国へ年内に返還する協定がある。

日中の関係者によると、新型コロナウイルスの影響により、中国でシャンシャンが飼育される予定の施設がある四川省成都市と日本との直行便の運休が続いていることなどを考慮し、都と中国側は、返還期限を延長する方向で協議を進めているという。

中国としては、アメリカや欧米各国などとの関係が悪化する中、人気者のシャンシャンを通じて、日中友好ムードを盛り上げ、日本を引き寄せたいとの狙いがあるとみられる。

FNNプライムオンラインより引用

というわけで、中国側の外交政策の一環としてパンダを使用しているようです。

パンダ外交は中国共産党の外交政策の一環なので当然ですが、政治情勢に大きく影響を受け続けるパンダも気の毒ですね。

まあ、逆にパンダファンにとってはうれしい報道です。

 

上野動物園のパンダ「シャンシャン」の返還期間延長はいつまで?

上野動物園のシャンシャンの返還期間に関して調べてみましたが、分かりませんでした。

報道にもあるように、アメリカの政治に大きく影響を受けます。

例えば、バイデンがこのまま大統領になれば中国への姿勢は軟化するので早期返還となる可能性がありますが、トランプ大統領が逆転すればこの限りではありません。

今後、何かわかりましたら追記でご紹介します。

ー追記ー

新しい報道が出ました。

東京・上野動物園で飼育されているジャイアントパンダの子どものシャンシャンについて、東京都と所有権を持つ中国側が今月末の返還期限を来年5月まで延長する方向で最終調整を進めていることが10日、関係者への取材で分かった

共同通信より引用

と言いうわけで2021年の5月まで延長を目標に調整を進めているそうです。

うーん、あまり長くありませんね(;^_^A

社会情勢によってはさらなる延期もあり得ると思われます。

また何かわかりましたら追記します。

 


上野動物園のパンダ「シャンシャン」の返還期間延長に関するSNSの反応

それでは上野動物園のパンダシャンシャンの返還期間延長に関するSNSの反応を見ていきましょう。

というわけで、SNS上では好意的な反応が多いものの、延長理由に引っかかる人もたくさんいました。

 

まとめ:シャンシャン【いつまで?】上野動物園のパンダの返還期間延長でファン大喜び

いかがでしたでしょうか。

今回、シャンシャン【いつまで?】上野動物園のパンダの返還期間延長でファン大喜びというタイトルで記事を書いてきました。

よくよく考えればパンダの身の上は非常に可哀想な状況にあります。

この様な現状に置かれているパンダに関して動物愛護団体などは何も訴えを起こさないのが不思議ですね。

-話題のニュース

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5