話題のニュース

Twitter民が銀行強盗と鉢合わせ【アカウントが消えた!】山陰合同銀行も事実を否定し、デマの可能性が高まる

2020/12/9Twitterのあるアカウントが物議をかましています。

銀行強盗が発生し、それをTwitter民が撮影していたという事件です。

発生から3時間以上経過しても一向にニュースにもならず、デマでは?という噂が流れ始めた矢先、発端となっていたTwitterアカウントが削除されてしまいました。

本記事ではデマの真相を探っていきます。

 

Twitter民が銀行強盗と鉢合わせ【アカウントが消えた!】

元のアカウントが無くなってしまいましたが、動画では犯人が「金を出せ」「電話はすぐに切れ」と大声で銀行員に怒鳴る様子が写されていました。

SNS上では大盛り上がりで、「銀行強盗が実況される時代が来た」という意見が多数ありました。

しかし、事件終了後1時間ほどでTwitter主は解放され、何事もなかったかのように銀行を後にするツイートを投稿しており、銀行名も何もつぶやくことはありません。

また、動画に映っていた「山陰合同銀行」のチラシのせいで、山陰合同銀行に強盗が入ったと心配の声が上がっていましたが、先程同銀行の公式HPでお知らせがあり、

2020 年 12 月 9 日
株式会社 山陰合同銀行
当行支店へ強盗が入ったというツイッター情報について
本日、ツイッター上に当行の営業店に強盗が入ったという情報が流れていますが、その
ような事実はございません。
以上

山陰合同銀行HPより引用

このような発表をされています。

さらにここに来てアカウント削除をしているところを見ると、思い付きで、動画をUPしたところ、問題が大きくなり怖くなって削除してしまった可能性が高いです。

実際の音声は、過去に行われた銀行強盗対策の演習の音声を使ったのでは?という考察も出てきています、

また、Twitterを調べていると動画内の左の書類の日付に関してこのようなツイートをされている方もいます。

以上によりデマである可能性が跳ね上がりました。

というかデマだと思います。

この犯人が今後どのような制裁を受ける可能性があるかはコチラにまとめました。

銀行強盗デマツイート【偽計業務妨害で逮捕か?】犯人ガクブルでアカウント削除

2020年12月9日にTwitterで公開され、大きな話題を産んだ銀行強盗実況ツイートですが、デマの可能性が高いという風潮になってきています。 犯人のツイート&アカウントも削除され、銀行側も強盗の被害 ...

続きを見る

 

Twitter民が銀行強盗と鉢合わせのアカウント削除に対するSNSの反応

それではSNSの反応を見ていきましょう。

この様にTwitter上には怪しい情報もたくさんあるので情報を得るときは気を付けないといけませんね。

今頃、犯人は布団にくるまってがたがた震えているのではないでしょうか。

 


まとめ:Twitter民が銀行強盗と鉢合わせ【アカウントが消えた!】デマの可能性が高まる

いかがでしたでしょうか。今回、Twitter民が銀行強盗と鉢合わせ【アカウントが消えた!】デマの可能性が高まるというタイトルで記事を書きました。

デマ確定で間違いないと思います。

今後、この様な悪質ないたずらをすると大きなバツが下ることを身をもって知ることになるかもしれませんね。

 

-話題のニュース

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5