話題のニュース

2020年台風20号の日本・東京への影響は?米軍・ヨーロッパ予報・気象から予想庁

2020年10月29日の夜、台風20号(アッサーニ)が発生し、今後の進路に注目が集まっています。

今回は東京にどれくらいの影響があるのかを気象庁・米軍・ヨーロッパ予報から考察していきます。

 

台風20号(アッサー二)発生・意味と命名国

2020年は本州への台風の上陸がほとんどなく多くが九州を横断する結果となっています。

しかし、今回発生した台風20号はもしかしたら日本の方に来る可能性も捨てきれません。

ちなみに台風20号の名前はアッサー二、タイの言葉で雷を表しています。

名前の付け方は気象庁のHPに載っていますので参考までに。

中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルとなっています。

この台風は北上しながら発達し、非常に強い勢力となってフィリピンの東に進む見込みです。

ということで、まだまだ生まれたばかりでこれから徐々に勢力を強めていくようです。

 

台風20号(アッサー二) 気象庁の進路予報

まずは気象庁の予報から確認していきましょう。

以下気象庁HPより引用させていただきます。

 

台風第20号

★10月29日18時 実況
カロリン諸島を熱帯低気圧が北に20km/hで移動。
中心気圧1004hPa、中心付近の最大風速15m/s。

★10月30日18時 予報
マリアナ諸島を西北西に30km/hで移動。
中心気圧992hPa、中心付近の最大風速23m/s。

★10月31日15時 予報
マリアナ諸島を西北西に20km/hで移動。
中心気圧980hPa、中心付近の最大風速30m/s。

★11月1日15時 予報
強い状態でフィリピンの東を西北西に20km/hで移動。
中心気圧970hPa、中心付近の最大風速35m/s。

★11月02日15時 予報
強い状態でフィリピンの東を西北西に20km/hで移動。
中心気圧955hPa、中心付近の最大風速40m/s。

★11月03日15時 予報
非常に強い状態でフィリピンの東を西北西にゆっくり移動。
中心気圧950hPa、中心付近の最大風速45m/s。

11/3には最大風速45m/sまで勢力を強め、フィリピンの東に到達する予報です。

台風19号が先行して進んでいますが、予報では南シナ海を直進したいの方向へ行く予報なので日本にはあまり影響が無さそうです。

 


気象庁が出している天気図

コチラも気象庁が出している天気図です。

こちらから引用させていただきました。

 

10月29日の天気図

天気図

10月30日の天気図

天気図

10月31日の天気図

天気図

台風19号を追いかけるようにフィリピンの方向に進んでいることがわかります。

 


台風20号(アッサー二) 米軍台風警報センターの予報

次に米軍台風警報センターの予報を見ていきましょう。

10月30日の時点ではここまでしか予報できていません。

日本の気象庁のデータとあまり変わらないように思えます。

 

台風20号(アッサー二) ECMWF(ヨーロッパ中期予想センター)の予報

ヨーロッパ中期予想センターの予報です。

11月5日の予想 日本の南にある青い塊が台風20号です。

 

11月6日の予想

これを見た限りでは停滞しているように思います。

 

11月8日の予想

8日になると消滅するようです。

 


台風20号(アッサー二) ヨーロッパ予報(Windy)

次はWindyを見ていきましょう。

コチラの予報はWindyというヨーロッパのサイトで、上記ECMWFの予報を動画で見ることが出来きます。

スタートボタンを押すと11月8日までの予報を見ることが出来ます。

この予報によると徐々に日本に近づいてくるものの、7日には勢力が弱まり、台風の渦が消滅しているように見えます。

もちろん、あくまで予報なので、実際にこの通りに進むかわかりません。

 


計画運休の可能性

現在、JRなどの公共交通機関の運休については発表されていません。

今後、台風が近づくにつれて詳細がわかると思います。

続報がわかり次第追記でご紹介します。

 


台風20号(アッサー二)は日本・東京に影響があるのかまとめ

いかがでしたでしょうか。

台風20号はヨーロッパのサイトの予想では日本の方に近づくことになりますが、当たるかどうかはまだわかりません。

11月に入るころには詳細な進路がわかると思いますので分かり次第またご紹介いたします。

-話題のニュース

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5