話題のニュース

【危険物は硝酸アンモニウム?】ONE APUSがハワイ沖で64個前後流出させたコンテナの中身

2020/12/08衝撃的なニュースが飛び込んできました。

アメリカと中国を往来していたコンテナ船ONE APUSがハワイ沖で積んでいたコンテナを1800本ほど海洋へ流出させてしまったというニュースです。

しかも中には危険物が含まれたコンテナがあるということで大騒ぎとなっています。

また、口コミでは「硝酸アンモニウムでは?」というものもありました。

本記事では、危険物の中身に付いて調べていきます。

ー追記ー

コンテナの危険物の中身が分かりました!

詳しくはコチラの記事にまとめました。

ONE Apusコンテナ流出原因は【過積載か?】コンテナ1816個流出の衝撃

2020年12月8日衝撃的なニュースが入ってきました。 アメリカ中国間を運行する日本のコンテナ船「ONE Apus」が積んでいたコンテナ1816個を海洋に流出させてしまったというニュースです。 ネット ...

続きを見る

※この記事はまだ中身がわかっていない状態での考察記事です。

ご注意ください。

 

ONE APUSがハワイ沖で1800本前後のコンテナを流出させた事件の概要

まずは事件の概要を見ていきましょう。

中国・塩田港(広東省深セン市)から米ロングビーチ港(カリフォルニア州)に向かう途中に荒天でコンテナ約1800個(20フィートコンテナ換算)を流出したとみられるコンテナ船「ONE Apus(ワンアープス)」が8日に、神戸港に入港する見通しになった。神戸港では流出したコンテナの数を確定したり、崩れたコンテナを降ろして他船に積み替えたりといった作業に入るとみられる。コンテナを降ろすのには一定の時間が必要とみられるが、同船の作業に必要な時間などは現時点で明らかではない。

 同船は日本郵船、商船三井、川崎汽船の3社が共同で設立したコンテナ統合会社「ONE」が運航する。船主はチドリ・シップ・ホールディング(東京都中央区)で、NYKシップマネジメント(シンガポール)が管理する。20フィートコンテナ換算で1万4000個積みの大型コンテナ船だ。11月30日にハワイ北西およそ1600海里(約2960キロメートル)で激しい嵐に遭遇。現時点ではコンテナ1816個を流出したとみられ、このうち64個ほどが危険物コンテナである可能性が高いという。

神戸経済ニュースより引用

というわけで、詳しくは書かれていませんが中国からアメリカに向かっている途中で嵐に遭遇し、日本に引き返したそうです。

1800個流出というのはとんでもない被害です(゚д゚)!

不幸中の幸いで、船が沈没しなかっただけよかったという所でしょうか。

流出コンテナに関しては保証をしっかりして、今回の失敗を次回の運航に活かしていけばいいのですが、それにしても危険物が気になります。

 

ONE APUSがハワイ沖で64本前後流出させたコンテナの中身は何?危険物は硝酸アンモニウム?

危険物の中身に関しては公開されていません。

64個前後もあるので複数の種類が存在すると思われます。

ちなみに、危険物による事故と言えば、過去にレバノンで起こった硝酸アンモニウム爆発事故が記憶に新しいです。

この事故はベイルートの港に保管されていた大量の硝酸アンモニウムに引火して爆発したことが原因です。

港に置かれていたということはコンテナなどで海洋輸送されていたわけですね。

ちなみに、硝酸アンモニウムが水に溶けるとどのような反応を示すのでしょうか。

実は硝酸アンモニウムは強烈な吸熱反応を起こします。

つまり、水の温度を下げてしまうということですね。

この性質を利用し、保冷剤として使われています。

爆発物に使われる一方で我々が普段使う道具にも浸透しており、意外と身近な成分でもあるわけです。

というわけで、非常に安定な物質であるため水と反応して爆発を起こすことはありません。

詳しくはコチラの方も解説されているのでご参考までに

 

改めて注意しておきますが、今回の危険物に硝酸アンモニウムが含まれていたかどうかは分かりません。

いずれにせよ中身が海洋に流出しないことを祈るばかりです。

 

 


ONE APUSがハワイ沖で1800本前後のコンテナを流出に対するSNSの反応

それではSNSの反応を見ていきましょう。

というわけで、現在神戸港に寄港し、コンテナの調査と再積載をしているところです。

 

まとめ:【危険物は硝酸アンモニウム?】ONE APUSがハワイ沖で64本前後流出させたコンテナの中身

いかがでしたでしょうか。

今回、【危険物は硝酸アンモニウム?】ONE APUSがハワイ沖で64本前後流出させたコンテナの中身というタイトルで記事を書きました。

危険物の中身に関してはまだ詳細がわかっていませんが、不安は募ります。

何か情報が入り次第付きでご紹介します。

-話題のニュース

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5