話題のニュース

那覇発JAL機が緊急着陸【原因はバードストライク?】エンジントラブルで火柱発生し引き返す

2020/12/04衝撃的なニュースが入ってきました。

那覇空港を出発したJAL機が離陸直後にエンジントラブルを発し引き返したというニュースです。

不幸中の幸いで、現在の所、けが人は出ていませんし、大事に至らなくてよかったのですが、NET上では原因は何?という声で溢れています。

本記事ではエンジントラブルの原因についてご紹介します。

 

那覇発JAL機がエンジントラブルで火柱発生し引き返し緊急着陸事件の概要

まずは事件の概要をご紹介します。

 那覇空港事務所などによると、4日午前11時半ごろに那覇空港を出発した日本航空(JAL)904便が機体トラブルで同11時52分に那覇空港へ引き返し、午後12時23分に緊急着陸した。左エンジンにトラブルが確認された。

 機内にいる乗客は「離陸して10分ほど、ちょうど雲を抜け出して青空が見えてきたあたりで突然爆発音がして、左の翼から火柱が出たかんじ」と話している。

琉球新報より引用

というわけで、離陸して10分くらいに突然左エンジンから爆発音がし、火柱が出たようです。

現場は騒然としていたようで、おそらく乗客は死の恐怖を感じたと思われます。

幸いなことに乗客は無事でしたが、「こんな現場に遭遇したとら・・・」考えるだけで鳥肌ものですね。

 

那覇発JAL機の緊急着陸の原因はバードストライク?

原因について調べてみましたが、現在の所公表されていませんでした。

ネット上では鳥がエンジンに吸い込まれて発生するバードストライクが濃厚ではないかと言われています。

実はバードストライクは毎日の様に発生しています。

2018年は1553件

2017年は1434件

も起こっていますが、たいていの場合はそのまま運行し、今回の事故の様に火柱が上がることはあまり無いようです。

というわけで、バードストライク説が濃厚かなと思いますが、今後判明次第追記でご紹介します。

 

ー追記ー

12/4 20:30現在まだ原因は特定できていませんがこのようなニュースが入ってきました。

 元JAL機長で航空評論家の杉江弘さんの話 経年劣化などでファンブレードが破損し、カバーに衝撃を与えた可能性がある。燃料爆発などにつながる恐れも否定できない上、ブレードにはチタン製のものもあり、都心などで落下していれば危険だ。国交省などは徹底した原因究明と再発防止を図るべきだ。

毎日新聞より引用

破損部位を見たところ、バードストライクの可能性よりも経年劣化によるファンブレードの損傷が原因ではないかと、評論家の方がおっしゃられています。

しかし、まだ原因は特定できていません。

引き続き何かわかりましたら追記でご紹介します。

 


那覇発JAL機が緊急着陸に関するSNSの反応

それでは那覇空港で発生した事故に関するSNSの反応を見ていきましょう。

 

事件発生直後なのであまりツイートはありませんでしたが、大惨事にならなくてよかったという、パイロットをほめる声もありましたね。

 

まとめ:那覇発JAL機が緊急着陸【原因はバードストライク?】エンジントラブルで火柱発生し引き返す

今回、那覇発JAL機が緊急着陸【原因はバードストライク?】エンジントラブルで火柱発生し引き返すという記事を書きました。

バードストライクはあくまでも可能性の一つにすぎませんが、このようなトラブルが発生しないように事故原因の追究と再発防止の徹底をお願いしたいですね。

-話題のニュース

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5