話題のニュース

【動画】マリナーズ社長の失言の内容まとめ「岩隈行き辛いだろうなぁ」youtubeに投降後すぐに削除

2021年2月22日、マリナーズの球団社長ケビン・マザー氏の失言が話題を集めています。

本記事では、ケビン・マザー氏の失言の内容を調べていきます。

 

マリナーズ球団社長ケビン・マザーの失言報道の概要

まずはケビンマザー氏の失言報道の概要をご覧ください

菊池雄星投手が所属するマリナーズのケビン・マザー球団社長が21日(日本時間22日)、動画サイトYouTubeに投稿(のちに削除)されるなどSNS上で拡散し、物議を醸している自身の“失言連発動画”での発言内容を謝罪する声明を出した。

 マザー球団社長は今月5日に行われた地元のロータリークラブ主催のイベントにビデオ出演。拡散されている47分の動画の中で同球団社長はイベント参加者らの質問などに答える形で選手名を挙げながら球団の財政や選手編成に関する内部事情や自身の不満など、否定的な発言をしている。

(中略)

 複数の米メディアが一連の騒動を大々的に報じ、ツイッター上では「#FireKevinMather(ケビン・マザーをクビにしろ)」などがトレンド入り。マザー球団社長はこの日夜に声明を出し、謝罪の言葉とともに「私の言動に対して弁解の余地はなく、今回のひどい過ちの責任はすべて私にあります」。さらに「発言は私個人のものであります」とつづり、球団とは無関係であることを強調した。

デイリーより引用

ケビン・マザー氏が日本時間22日にYouTubeに投稿した動画が問題の発端となりました。

内容は2月5日に地元のイベントに出演した際の質疑応答です。

 

既にアメリカのTwitterトレンドにも上がっていますが、日本でもかなりの話題を集めています。

球団社長という立場での発言なので、かなり大事になっていますね。。。

下手すると社長解任となる可能性もあります。

続報を待ちましょう。

 

マリナーズ社長ケビン・マザーの失言の内容と動画まとめ

マリナーズ社長ケビン・マザー氏の失言をまとめていきます。

現在のところ、岩隈選手と中庵米選手の和約が出てきています。

 海外選手に関する質問の答えた際には18年までマリナーズでプレーした岩隈久志氏についても言及。今季から特命コーチとして球団や選手をサポートする同氏の人間性を褒める一方で「言わせてもらうが、彼の通訳への給料支払いにうんざりしている。

 彼が選手だった時に我々は彼の通訳に年間7万5000ドル(約800万円)を払う必要があった。そのことを彼に言ったら彼の英語は劇的に良くなったのですよ!極東から来たベテラン選手には通訳をつけているし、ドミニカやベネズエラ、カリブ海から来た選手には若いうちから大きな投資をしています」と話した。

デイリーより引用

とりあえず、特任コーチとして就任した岩隈の通訳に年俸800万円を払うのが嫌だったそうです。

いらぬ出費と考えていたみたいですね。

 

しかし、個人的にこの日本語訳であれば大して問題は無さそうな気もします。

動画が見つかっていないので何とも言えませんが、ジョークっぽく言っているのか真剣に言っているのかでも印象が大きく異なります。

あと、前置きで岩隈の人間性をほめているところもポイントです。

 

また、岩隈コーチは2012年から2017年までMLBで5年程プレーしています。

5年あれば通訳はいらない気もしますがどうなのでしょう(;^_^A

いずれにせよこの記事だけでは何とも言えません。

現在動画を調査中なので追ってUPします。

 

ー追記ー

追記です。

「もしチーム内でクラスターが起きたり、故障で選手が不足したりしても、若手を呼ぶつもりはなかった」などと、FAまでの期間を引き伸ばすために、有望株を昇格させる考えは一切なかったと発言。

(中略)

他にも、特命コーチに就任した岩隈久志氏(39)について「(当時は)英語がひどかった」とし、通訳に支払っているコストへの不満や、生え抜き内野手のシーガーについては「金をもらいすぎ」と発言するなど、炎上発言を繰り返した。

日刊スポーツより引用

まだまだ行きます。

今季中のメジャー昇格が確実視されているジャレッド・ケレニックやローガン・ギルバートについて、フリーエージェントになるのを1年遅らせるために「開幕ロースターに入ることはない」と断言した。

 選手がフリーエージェントになるのを遅らせるためにデビューを遅らせるのは他球団でもよく使われている手法だが、普通は「もう少しマイナーでの実戦経験が必要だから」といった説明がなされる。今回のメイサーの発言はフロントオフィスがサービスタイムの調整のために意図的に選手のデビューを遅らせていることを裏付けるものとなり、今後の労使交渉に悪影響を与えることが懸念されている。

 そのほかにも、ルイス・トレンズ捕手の名前を「ルイス・トーレス」と呼び間違えたり、チーム生え抜きのカイル・シーガー三塁手について「給料をもらいすぎ」と語ったり、顰蹙を買うような発言を連発。さらには、ロドリゲスや岩隈久志が英語でコミュニケーションを取れないことにも言及し、岩隈の通訳に支払っているコストに対する不満も述べた。

MLB.JPより引用

報道をまとめていくとかなり問題発言連発だったことがわかってきました。

うーん、これは擁護できませんね。。。

 

ーさらに追記ー

動画が見つかりました。

43:57から岩隈の言及が始まります。

冗談交じりのポップな感じではなく淡々と愚痴を言っている感じでした。。。

 


マリナーズ社長ケビン・マザーの失言に対するネットの反応

マリナーズ社長ケビン・マザー氏の失言に対するネットの反応をまとめていきます。

・まぁ、だったら雇わなきゃいいじゃんって話で。

通訳付きのコーチってのも、どうかと思うが。
それを差し引いても招聘したかったんじゃないの?って話。

 

・戦力やマリナーズの利益にならない選手は
不要で良いと思います。

 

・うわぁ・・・岩隈が知ったら行きづらいだろうなぁ・・

 

・CEOにしてみれば、選手は株式銘柄。
配当の少ない奴や、暴落する奴は論外だからね。

 

・上に立つ人間として
思うのは勝手だけど言っちゃったらお終いよ

 

・メジャーに18年と2日もいながら
通訳を使い続けたイチローが悪しき前例になったね。

 

・間抜けな社長だな。
こんなんでも人の上にたてるのかwww

ネット上では今回の失言に非難殺到でした。

「上に立つ者としてそれを言っちゃいけないでしょ!」

という内容がほとんどでした。

 

まとめ:マリナーズ社長の失言の内容まとめ「岩隈行き辛いだろうなぁ」youtubeに投降後すぐに削除

今回、マリナーズ社長の失言の内容まとめ「岩隈行き辛いだろうなぁ」youtubeに投降後すぐに削除というタイトルで記事を書きました。

岩隈さんは気の毒でしたね(;^_^A

また動画や内容が分かり次第追記します。

この問題が今後どう転ぶのか注視してみていきましょう。

-話題のニュース

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5