話題のニュース

【動画】小林麻耶さんバイデン批判で干された?グッとラックで正論を言ってしまったから?

2020/11/12衝撃的なニュースが入ってきました。

タレントの小林麻耶さんがグッとラックを降板したという衝撃的なニュースです。

あまり報道されていませんが、実は小林麻耶さんはグッとラックでアメリカ大統領選挙についてとある発言をしたことで話題を集めていました。

本記事では小林麻耶さん言動を動画でご紹介します。

降板の真相がわかりました。こちらにまとめてあります。

 

小林麻耶さんがグッとラックを降板?報道の概要

まずは報道の概要を確認しましょう。

フリーアナウンサー小林麻耶(41)が12日、木曜コメンテーターを務める、TBS「グッとラック!」(月~金曜午前8時)を欠席した。今年2月からレギュラー出演していたが、このまま降板となる見込みだ。番組公式サイトの木曜レギュラー欄からも名前が消えている。

この日の番組冒頭に、小林の不在には触れないまま、国山ハセンアナウンサー(29)がレギュラーを紹介。元フジテレビのフリーアナウンサー中村仁美(41)がゲストコメンテーターとして出演した。

小林はこの日、午前6時すぎから、YouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」の生配信を開始したが1時間半ほどで画面が停止して中断となった。同チャンネルは、今月3日から開設。タレントで整体師の夫、アキラ。とともに、早朝の生配信を中心に配信していた。

小林は、先月29日放送の「グッとラック!」で、乳がん治療を中断して不妊治療を再開したタレントだいたひかるを特集した際に、メインキャスターの立川志らく(57)が「母親がいないとね、子どもにとっては不幸なこと」などと発言。小林は「母親がいないと不幸だっていう風におっしゃったのは、私はそういう風に思いません。母親がいない人たちだってたくさんいますし、母親に虐待を受けている人たちもいます。母だけの愛情じゃないですよ、この世の中」などと涙をにじませながら訴えた。

翌30日には、自身のブログ「まや★道」で「どうしても言わなくてはならないことだったので勇気を持ち、覚悟を決めて言いました。人生において、どうしても声を上げて言わなければならない時があります。私にとってはそれが昨日の放送でした」とつづっていた。コメント欄には賛否両論の意見が寄せられたが、今月7日には「こんにちは! 今日からブログコメントオフにします」と発表して、コメント欄を閉鎖した。

今月3日に開設した「コバヤシテレビ局」では、誹謗(ひぼう)中傷コメントを寄せる人に対して「悪口を言っている時間はもったいない」、悩んでいる人には「負けないでください」などと呼びかけていた。

日刊スポーツより引用

というわけで、理由を告げずに局側が一方的に打ち切られたようです。

この記事には書かれていませんが、下記の内容が原因では?というネットの意見があるのでご紹介します。

 

小林麻耶さんがグッとラックでバイデン批判した映像

コチラの映像ですね。

これらの情報は全て正確であるということは間違いありません。

ちなみに、このコメントの前に、バイデン氏とトランプ大統領の説明映像が流れていました。

バイデン氏の映像に関しては家族がどうとか、東日本大震災の時に副大統領として日本に来たとか政策的なことは一切触れず、また、家族を愛する苦労人的なイメージがいろいものでした。

ところが、日本ではほとんど放送されていないコチラの情報を小林麻さんが発言した途端に急に降板が決まってしまいました。

そもそも、日本のメディアはABCやCNNなどアメリカの左翼メディアと連帯しているのでどうしても民主党寄りの情報しか放送しません。

このことからも小林麻耶さんの発言は局側にとっても不都合であったことは間違いありませんね。

 


小林麻耶さんグッとラック降板SNSの反応

それでは小林麻耶さんのグッドラック降板のSNSの反応を見ていきましょう

というわけで、小林麻耶さんの人生をかけたコメントにSNS上では称賛の嵐となっていました。

 

【動画】小林麻耶さんバイデン批判で干された?グッとラックで正論を言ってしまったから?まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回小林麻耶さんがグッとラックを降板した理由は明らかにされていませんがネットではバイデン氏批判が原因ではないかと話題を集めています。

また詳しいことがわかり次第追記で紹介していきます。

 

-話題のニュース

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5