芸能人

爆笑問題田中のくも膜下出血はコロナの後遺症?「ちょっと前にコロナ感染したと思ったら……」

2021年1月20日、爆笑問題の田中さんがくも膜下出血で緊急入院されました。

幸い手術する必要が無いくらい軽傷の様ですが、ネット上ではコロナの後遺症では?と噂されています。

本記事では今回の一件がコロナと関係があるのか調査していきます。

 

爆笑問題田中のくも膜下出血の報道概要

まずは爆笑問題田中さんのくも膜下出血の報道の概要をご覧ください。

お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二(56)が20日、頭痛のため東京都内の病院に救急搬送され、検査の結果、前大脳動脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞と診断され、入院したと同日夜、所属事務所「タイタン」が公式サイトで発表した。幸い大事には至らず、手術の必要性もなく、1週間程度入院。ただ、動脈解離が前大脳のため、大事を取って1カ月程度休養する。

 同事務所は、太田光代社長名義の「ご報告」とした文書を発表。それによると、田中は同日午前2時ごろ、自宅で頭痛を訴え、病院に救急車で搬送された。病院での処置により、大事に至ることはなかったが、検査の結果「前大脳動脈解離による、くも膜下出血、脳梗塞」と診断された。

 田中の容態について「今のところ手術等の必要性もなく田中裕二本人も変わりありませんので、入院期間1週間程度の診療計画となりました」と報告。「しかし、動脈解離が前大脳であるために大事を取って1カ月程度休養させて頂くことと致します」とした。

 今後については「弊社と致しましても田中裕二の健康を第一に考え、当面の間、担当医と相談の上、活動再開に向けて最善を尽く所存です」とした。

スポニチより引用

報道によると約一週間程度で退院し、その後大事を取って1か月ほど療養されるそうです。

早期発見だったため大事に至らなかったようで安心しました。

後は後遺症の心配ですが、言葉が出てこなくなったりするとお笑い芸人として致命的です。

一ファンとしてとても心配しています。

しかし、どちらかと言えばツッコミを受けすぎた太田さんの方がダメージが多そうですが・・・意外とそうでは無いのかもしれません

 

爆笑問題田中のくも膜下出血はコロナと関係があるのか

調べてみましたが、コロナの後遺症によるくも膜下出血は現在の所あまり解明されていないようです。

しかし、田中さんがコロナに感染したのは去年なので、もしかしたら直接は関係が無いのかもしれません。

何かわかり次第追記でご紹介します。

 


爆笑問題田中のくも膜下出血とコロナの関係性についてネットの反応

爆笑問題田中さんのくも膜下出血とコロナの関係についてネットの反応を見ていきましょう。

ネット上では後遺症では?という意見がたくさんありますが、確証はありません。

今後もしかしたら明らかになってくるかもしれませんが、それにしても恐ろしい病気ですね。。。

 

まとめ:爆笑問題田中のくも膜下出血はコロナの後遺症?「ちょっと前にコロナ感染したと思ったら……」

今回、爆笑問題田中のくも膜下出血はコロナの後遺症?「ちょっと前にコロナ感染したと思ったら……」というタイトルで記事を書いてきました。

爆笑問題田中さんを心配する声で溢れています。

以下に田中さんが愛されてきたかがよく分かりますね。

早急な回復をおお祈り申し上げます。

-芸能人

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5