話題のニュース

笠松競馬の廃止・倒産の可能性は?「もう二度と笠松の馬券は買わない」

2021年1月19日世間を揺るがす大ニュースが発生しています。

笠松競馬場で騎手や調教師合わせて20人が職務で入手した内部情報を元に馬券を購入し不当に配当金を得ていたという事件です。

関係者によるインサイダーともいえる事件に多くの方が憤りを感じています。

本記事では笠松競馬場の廃止・倒産についてご紹介します。

 

笠松競馬場で3億円所得隠しの報道概要

まずは報道の概要を見ていきましょう。

笠松競馬(岐阜県笠松町)の騎手や調教師、その親族ら約20人が名古屋国税局の税務調査を受け、総額3億円を超える所得隠しを指摘されたことが複数の競馬場関係者への取材でわかった。内部情報をもとに馬券を購入して得た利益を隠したり、競走馬の売却益を除外したりしていたという。

 笠松競馬では昨年6月、騎手3人と調教師1人が競馬法違反(馬券購入)容疑で岐阜県警の強制捜査を受けた。今回の税務調査で、引退したこの4人を含む多くの関係者が内部情報を悪用し、利益を得ていた疑いが出てきた。

 複数の笠松競馬関係者によると、「人気馬だが今回は脚が痛い」「出走予定だが鼻血がでている」といった情報を騎手や調教師のグループで共有。他人名義の銀行口座で馬券購入を繰り返していたという。競馬法は、地方競馬に所属する騎手・調教師らについて、全国の地方競馬の馬券を購入することを禁じている。

 1千万円超の所得隠しを指摘されたという元調教師の男性(36)は「負けることもあったが、収支がマイナスになった年はなかった。利益は申告しなかった」と取材に話した。すでに修正申告したという。

朝日新聞より引用

非常に悪質な犯行です。

全国の競馬ファンの心を踏みにじる行為に憤りを感じます。

また、過去にこの競馬場で的中して配当金を得た方も実際にはもっと多く貰えていた可能性も浮上してきました。

今回内部リークではなく税務調査で発覚したことも業が深いです。

 

笠松競馬場の廃止・倒産の可能性

笠松競馬場の廃止・倒産の可能性についてですが、現在の所どのような処分が下されるかはわかっていません。

現在のところ19~22日の開催自粛を発表しましたが、競馬場は知らぬ存ぜぬでやり過ごすことは難しいと思います。

また、笠松競馬場を愛する地元民を完全に裏切ったことで少なくともしばらくの間は客足が激減することは間違いありません。

何かわかり次第追記していきます。



 

 


笠松競馬場の廃止・倒産に関するネットの反応

それでは笠松競馬場の廃止、倒産に関するネットの反応はいまのところ見つかりませんでしたので、今回の事件の反応を見ていきます。

ネット上の反応はすべからく否定的でした。

擁護するコメントは一切ありません。

自らの利益のために自分の首を絞める結果となりました。

 

まとめ:笠松競馬の廃止・倒産の可能性は?「もう二度と笠松の馬券は買わない」

今回、笠松競馬の廃止・倒産の可能性は?「もう二度と笠松の馬券は買わない」というタイトルで記事を書いてきました。

馬券のインターネット販売に活路を見出した矢先の事件だったので万事休す状態となっています。

今後の動向に注目していきましょう。

-話題のニュース

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5