話題のニュース

年末年始 17連休 案浮上で非正規・臨時職員はどうなる?【頼むから働かせて】

2020年10月26日国内の多くの非正規・臨時職員に激震が走りました。

そう、年末年始に17連休が発生するかもしれないという衝撃ニュースです。

ただでさえ給料が少ないのに働けなくなったらどうやって生活すればいいのか・・・

コロナじゃなくて生活苦で命を絶つ人も出てくるんじゃないかと不安になりますね。

今回はSNSの反応を中心に17連休のニュースを紹介していきます。

 

年末年始に17連休案が浮上

まずはコチラのニュースをご覧ください。日刊ゲンダイからの引用です。

今年の年末年始は、前代未聞の“大型連休”になりそうだ。23日、西村康稔経済再生担当相が、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために年末年始の休みを1月11日の成人の日まで延ばすよう、企業に要請すると発表した。

中略

正月休みを1月11日まで延長して欲しい理由を政府は、「初詣などによる人出が三が日に集中することを防ぐため」としている。

日刊ゲンダイから引用

ということで、政府が17連休を企業に要請したというニュースが話題となっています。

これが正規職員であれば、元々給料も高めでボーナスも支給されるので何とか耐えしのげるかもしれませんが、気になあるのは非正規・臨時職員はどうなるのかという頃ですよね。

 

年末年始 17連休で非正規職員が生活できなくなるかも

当然ながら仕事が休みになれば非正規・臨時職員は糧を失ってしまいます。

さらに、年末年始は元々休みが多く給料が減ってしまうので尚更ですね。

カレンダーで見ていきましょう。

1月11日まで休みということは1月の2週目いっぱい休みということです。

つまり、残っているのは平日換算で14日だけです。

もし日給7200円だった場合、1月の総支給は100,800円

ここから色々天引きされて残るのは7万くらいになると思われます( ;∀;)

こ、これはキツイ・・・

 


年末年始 17連休 案に対するSNSの反応

最後にSNSでの反応を見ていきましょう。

SNS上では怒りの声が上がっています。

企業側と上手く擦り合わせるか17連休を辞めるかして欲しいですね。

 

年末年始 17連休 案浮上で非正規・臨時職員はどうなる?【頼むから働かせて】

いかがでしたでしょうか。

今回、年末年始 17連休 案浮上で非正規・臨時職員はどうなる?【頼むから働かせて】というタイトルで記事を書きました。

日本では非正規職員が増加傾向(世界的には少ない)なので、困る方は多いはずです。

せっかく高い内閣支持率も生活困窮者からの支持を得なくなる可能性があるのでそちらも心配します。

-話題のニュース

© 2021 ひまねこ Powered by AFFINGER5